立正大学心理学部クイックツアー

まずはここから
立正大学心理学部3つの特長

1.首都圏初の心理学部として開設され、20年積み重ねてきたさまざまな工夫。

立正大学心理学部は、2002年に首都圏ではじめて「学部」として開設されました。文学部や社会学部の中の「学科」といった規模ではなく、「学部」であるということは、その中で学べることの幅広さや、専門性の高さにつながります。また、2002年に開設されて以来、20年の歴史の中で、カリキュラムや学習環境をはじめ、さまざまな工夫を積み重ねてきました。
心理学を幅広く、深く学び、将来に役立てていくための環境が整っています。

 

2.合計35名の豊富な専任教員、さまざまな分野のエキスパートに出会える。

立正大学心理学部は、豊富な教員数も特長の一つです。臨床心理学科に22名、対人・社会心理学科に13名、合計で35名の専任教員が在籍しています。教員一人一人がそれぞれの専門分野のエキスパートで、さまざまな分野を深く多様に学ぶことができます。心理学を正しく学び、社会で実践していくためには、さまざまな分野を偏りなく学ぶことが重要です。
教員それぞれの高い専門性と多様性が、バラエティ豊かで実践的な授業の提供につながっています。

 

3.さまざまな専門分野を広く深く学べるカリキュラムと学習環境。

立正大学心理学部での学びは、理論だけでなく、社会で応用し実践するための様々な分野を扱っています。そのため、カリキュラムの構成も「まずはそれぞれの分野を広く理解する」ことからはじめ、「選択した分野をだんだん深く学ぶ」といったステップになっています。また、実験や実習といった体験型の授業で心理学を実践することも大切にしているため、実験や実習のための設備や施設も充実しています。

立正大学で学ぶ心理学

あなたの興味の分野は?
2つの学科それぞれに幅広く深い専門分野

立正大学心理学部では、心の援助やカウンセリングについて研究する「臨床心理学」と、人間関係や社会における心の問題について研究する「対人・社会心理学」の2つの分野について勉強できます。これらの分野の知識は、日常の人間関係を豊かにするだけでなく、医療や福祉、教育、産業など、さまざまな職業場面で、実際に活用することができます。
心理学の学びには、人間の心についてしっかりと考え、理解するためのたくさんのチャンスがあります。心理学との出会いが皆さんの人生をより豊かにしてくれることを願っています。

臨床心理学科で学ぶ専門分野

対人・社会心理学科で学ぶ専門分野

心理学部で学ぶ専門分野

 

すべての先生がエキスパート
それぞれの専門分野で活躍する教員スタッフ

心理学の応用できる領域は実に幅広く多様です。心理学のエキスパートを目指すためには、様々な視点や立場から心理学を理解することが重要です。
立正大学心理学部には、社会の様々な分野で活躍する教員がたくさんいます。
偏りなく、多様性と専門性を身につけることが心理学を学ぶ上でのポイントです。

臨床心理学科 佐藤 秀行 准教授

研究テーマ

言葉ではなく描画を用いて,人のこころを理解する「描画法」の研究をしています。また,相談に来られた方が描いた絵について対話をすることを通してこころを癒す方法である「芸術療法」についても関心を持っています。

対人・社会心理学科 西田 公昭 教授

研究テーマ

カルト的集団に関する心理過程や、詐欺や悪質商法など、気づかないうちに他者に誘導される心理操作(マインド・コントロール)について研究と啓発を行っています。

臨床心理学科 篠田 晴男 教授

研究テーマ

発達障害を持つ人の状態や困っていることを理解して、必要な支援を提供するための方法を研究しています。発達障害を持つ人が、発達障害を持たない人と同じように社会生活がおくれるようになるための支援(合理的配慮)についても取り組んでいます。

対人・社会心理学科 高比良 美詠子 教授

研究テーマ

身体的・精神的・社会的な健康の増進を目指し、「ストレスに遭遇しても潰れることなく、元気に暮らしていくためには、どのような力が必要なのか」という社会的適応に関する研究を行なっています。

教員一覧

 

将来の夢はなんですか?
幅広く、さまざまな分野で活躍するための就職と資格

立正大学心理学部で身につけた知識は、日常の人間関係を豊かにするだけでなく、医療や福祉、教育、産業など、さまざまな職業場面で、実際に活用することができます。「臨床心理学科」と「対人・社会心理学科」それぞれの学科ごとに、卒業後は幅広く、さまざまな分野で活躍できます。

臨床心理学科

人を心理面で支援する臨床心理学の知識は、学校や医療機関、社会福祉施設などの心理職に限らず、幅広い場所で生かせます。一見当たり前のように思える「相手の立場で考える」といった、コミュニケーションに必要なスキルを学問体系と関連づけて学ぶ経験は、さまざまな人とかかわる実社会の中で大いに役立てられます。

活躍が期待される主な分野

  • カウンセラーとして働くため資格取得を目指し進学
  • 病気や障害をもつ人や子どもの成長を支援する医療・福祉職
  • 話を聴いたり、相手の立場に立って考える臨床心理学の知識を生かして一般企業で活躍

主な取得可能資格

  • 公認心理師(国家資格)
    卒業後、一定期間の実務経験や大学院進学を経て受験資格を得ることができます。
  • 臨床心理士
    スクールカウンセラーや医療機関勤務等。大学院修了後に資格試験を受けることで、資格を取得することができます。
  • 中学校教諭一種免許状・社会

対人・社会心理学科

人間力や対人力は、あらゆる職場において最も重要とされる能力の一つです。こうした社会人基礎力をベースに、対人・社会心理学科の卒業生は、対人コミュニケーション能力を活かした接客や営業、自己や他者の分析能力を活かした人材管理、社会調査能力を活かしたアナリストなど、様々な方面での活躍が期待されます。

活躍が期待される主な分野

  • 接客やヒューマンサービスに関わる職種
  • 市場調査や商品開発、公共政策の企画・立案に関わる職種
  • 人材管理や能力開発に関わる職種

主な取得可能資格

  • 公認心理師(国家資格)
    本学卒業後、一定期間の実務経験や大学院進学を経て受験資格を得ることができます。
  • 社会調査士(社会調査協会)
    世論や市場動向、社会事象などを調査・分析する専門能力 をもっている者に与えられる資格です。本学科の課程を修了し申請することで、社会調査協会により認定を受けられます。
  • キャリアコンサルタント
    他者の性格や能力を分析し、能力を十分に発揮できるようにアドバイスを行います。卒業後に実務経験を重ね、資格講座を受講することで、国家資格をとることが可能です。

心理学部の就職と資格

 

恵まれた立地条件
都心のキャンパスで学ぶ4年間

立正大学心理学部のキャンパスは東京副都心として時代の息吹あふれる品川・大崎地区にあります。時代の最先端やさまざまな文化のあふれる街で過ごすキャンパスライフはとても刺激にあふれています。
そんな恵まれた立地条件の中で、思いきり学生生活を楽しんでいただけるよう、サポートも充実しています。
遠方から進学していただく皆さんにも、住まい探しやアルバイト紹介をはじめとした暮らしへのサポートを行っていますので、ご安心ください。

©Shigeo Ogawa

キャンパスライフ

 

動画でチェック
動画で見る立正大学心理学部

心理学部 学部・学科説明

立正大学心理学部の教員が、学部・学科についてご説明しています。立正大学心理学部の特徴、臨床心理学科の学び、対人・社会心理学科の学び、よくある質問、入試制度について、15分程度、学部教員が動画でお話します。

授業の中身は?
模擬授業を受けてみよう —授業体験ムービーのご紹介—

パーソナリティーって、なんだろう?

臨床心理学科 田中輝美教授による模擬授業 
「パーソナリティーって、なんだろう?」

自分らしく生きるための心理学

臨床心理学科 小澤康司教授による模擬授業 
「自分らしく生きるための心理学」

消費者のこころの法則

対人・社会心理学科 八木善彦教授による模擬授業  
「消費者のこころの法則」

信じる心を科学すると社会や自分がみえる

対人・社会心理学科 西田公昭教授による模擬授業 
「信じる心を科学すると社会や自分がみえる」

資料のダウンロードはこちら
資料で見る立正大学心理学部

心理学部パンフレット

2022年度入試に向けた最新版の心理学部紹介パンフレットです。
学部紹介動画だけでは伝わらない、心理学部のそれぞれの学科のカリキュラムや授業内容、学科紹介・教員紹介なども掲載しています。

(画像クリックでPDFダウンロード)

心理学ブックガイド

心理学、臨床心理学、対人・社会心理学をより詳しく知りたい方向けに、立正大学の教員がおすすめするブックガイドです。
計7冊の書籍とその概要、おすすめポイントが掲載されています。

(画像クリックでPDFダウンロード)

ピックアップ