下司 忠大

下司 忠大Shimotsukasa Tadahiro

講師

対人・社会心理学科
修士課程対人・社会心理学専攻

専門分野
基礎心理
コミュニケーション
下司 忠大

対人・社会心理学科 担当授業

  • 対人行動とパーソナリティ
  • 社会心理データ分析法
  • 社会心理調査実習

研究テーマ

パーソナリティ心理学を専門とし,Dark Triad/Tetradと呼ばれるダークなパーソナリティ特性について,特に社会的適応・進化的適応の観点から研究をしています。この他に,社会文化的な心理指標・行動指標の時代変化に対する時系列分析や,パーソナリティ心理学の理論的背景にある考え方とその研究方法についても関心を持って研究を進めています。

経歴

早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程修了,博士(文学)。早稲田大学文学学術院助手,助教を経て2022年4月より現職。

所属学会

  • 日本パーソナリティ心理学会
  • 日本社会心理学会
  • 日本心理学会

代表的な論文・著者

  • (論文)Dark Triadと向社会性:向社会的な社会に向けて 心理学評論, 63, 422-432頁(共著)2021/02
  • (論文)Dark Triadと他者操作方略の関連 パーソナリティ研究, 28, 119-127頁(共著)2019/11
  • (論文)Dark Triadの高い者はゴミのポイ捨てをしやすいのか パーソナリティ研究, 28, 84-86頁(共著)2019/11
  • (論文)サディズムとスポーツにおける競技成績との関連—駆け引き上手を媒介変数として— パーソナリティ研究, 27, 263-265頁(共著)2019/3
  • (論文)日本語版Short Dark Triad の作成 パーソナリティ研究, 26, 12-22頁(共著)2017/7

趣味・特技

将棋(アマチュア5段程度)、俳句(初心者)、美術鑑賞(日本美術,西洋美術)

メッセージ

パーソナリティ心理学は心の個人差 (≒特性) を扱う学問です。そこには,適応的な特性もあれば不適応的な特性もあります。しかし,社会や環境が違えば適応的な特性が不適応的なものになったり,不適応的な特性が適応的なものになったりもします。パーソナリティ心理学を通じて様々な社会・環境下における特性の適応性について知ることで,心の多様性について考えていきましょう。

メッセージ

下司 忠大