佐藤 秀行

佐藤 秀行Sato Hideyuki

准教授

臨床心理学科
修士課程臨床心理学専攻

専門分野
病院臨床
公認心理師・臨床心理士
佐藤 秀行

臨床心理学科 担当授業

  • 心理的アセスメント
  • 心理検査実習

研究テーマ

言葉ではなく描画を用いて,人のこころを理解する「描画法」の研究をしています。また,相談に来られた方が描いた絵について対話をすることを通してこころを癒す方法である「芸術療法」についても関心を持っています。

経歴

筑波大学大学院人間総合科学研究科博士後期課程を単位取得満退学。大学附属病院の心理士,立正大学心理学部助教,講師を経て,2016年4月より現職。

資格

  • 公認心理師(国家資格)
  • 臨床心理士(公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会)

所属学会

  • 日本心理臨床学会
  • 日本描画テスト・描画療法学会
  • 日本ロールシャッハ学会

代表的な論文・著者

  • (論文)樹木画2枚施行法における向性指標の妥当性の検討 立正大学臨床心理学研究,18,9-19(単著)2020/03
  • (論文)全国調査からみたスクールカウンセリング実習の実態と成果・課題 学校メンタルヘルス,22,92-100(共著)2019/06
  • (論文)樹木画法における根の解釈仮説の検討 臨床描画研究,26,182-196(単著)2011/09
  • (論文)樹木画2枚施行法における樹木の大きさと友人関係との関連 心理臨床学研究,27,581-590(共著)2009/12
  • (著書)描画法①・② 投影査定心理学特論(pp.149-178) 放送大学教育振興会 (分担執筆) 2015/03

趣味・特技

本物に出会うための美術館巡り
時には決められた道から外れて新しい発見をするための迷子
佇まいを整えるための買い物

メッセージ

自分について考えたことがない人はいないと思います。それでも「自分はどんな人間か」と問われると,明確に答えることは難しいのではないでしょうか。臨床心理学は人のこころを理解するためのさまざまな方法を研究してきました。臨床心理学の学びを通して,「自分はどんな人間か」という問いへの答えを,一緒に見つけていきましょう。

メッセージ

佐藤 秀行