HOME > 学部概要 > 教育目標・ポリシー
教育目標・ポリシー
教育目標・ポリシー

経営学部経営学科は、経営学に関する深い専門領域の研究を通じて、産業、社会ひいては人類に貢献する「心豊かな産業人」を養成することおよびそのために必要な教育研究を行うことを、人材養成に関する目的その他の教育研究上の目的として定めています。その実現のために、以下のように、「教育目標」ならびに「卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」、「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」および「入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)」を一体的に定め、公表します。

教育目標

経営学部経営学科は、その学士課程教育プログラム(正課外のものも含む。)を通じ、持続可能でより良い豊かな和平社会を築くための一個の重心・芯となるべき人材として、経営学分野における「モラリスト×エキスパート」を養成することを教育の目標とします。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

経営学部経営学科の課程を修めたうえで、下記の能力・資質を身につけた者に学位を授与します。

  1. <関心・意欲・態度>
    現代産業社会を複合的かつ本質的に理解するための幅広い教養を身につけている。
  2. <思考・判断・表現>
    現代産業社会の課題に対応できる「共創力」「課題解決能力」を身につけている。
  3. <知識・理解>
    経営学諸領域に精通した「産業人」として活躍するための専門知識を身につけている。
  4. <技能>
    企業を中心とする組織の運営とその課題の解決にあたれる技能を身につけている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

経営学部経営学科は、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる能力・資質を身につけるために、教養的科目、専門科目およびその他必要とする科目を体系的に編成し、講義・演習・実習を適切に組み合わせた授業を開講します。

  • 幅広い視野の形成を促し、「心豊かな産業人」育成のために、経営学の基盤となる社会科学系の諸科目に加え、現代的なテーマに対応した教養的科目を設置します。
  • 現代産業社会の課題に対応できる「共創力」「課題解決能力」を養うために、相互交流をベースとした科目、ゼミナール、論文作成科目を段階的に設置します。
  • 経営学領域の諸理論について、バランスのとれた学修ができるよう、戦略経営・マーケティング・会計学・情報システム学の4系列の専門科目群を編成します。
  • 組織の運営とその課題の解決を可能とする技能を養うために、情報処理・語学関連の科目を必修とし、より上級な学修のための科目を設置します。

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

経営学部経営学科では、学部学科の教育目標に共感した、下記のような者の入学を期待します。

  • 大学卒業後の目指すべき進路を明確に定めている者。
  • 高等学校卒業レベルの言語能力と社会科科目の基礎知識を有し、それらを発展させ、能動的にテーマを設定し勉学に取り組む意欲をもっている者。

学力の三要素に即した求める人物像

<主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度>
  • 社会に深く関心をよせ、自身の知識・能力を発展させて能動的にテーマを設定し、勉学に取組む意欲をもっている者。
  • 世代や国籍にとらわれることなく、協働して課題解決・目標達成することの意義を理解し、コミュニケーションを通じて他を理解する態度を身につけている者。
<思考力・判断力・表現力>
  • 知識や技能に基づき、筋道を立てて深く考え、判断を導くことができる者。
  • 高等学校卒業レベルの言語能力を有し、自身の考えを言葉や文章で適切に表現し、伝えることができる者。
  • 大学卒業後の進路を明確に定め、そのための目標設定と能力の獲得にまい進できる者。
<知識・技能>
  • 高等学校の主要教科(国語・外国語(英語))について内容を理解し、高等学校卒業相当の知識・教養を身につけている者。

高等学校等で修得すべき具体的内容

  • 国語
    専門書や資料などを理解するための読解力、自分自身の意見をレポートや論文としてまとめるための文章力
  • 外国語
    英語の論文や資料などを理解するための語学力、自分自身の考えを英語で表現する力、グローバルな環境でのコミュニケーション能力
  • 地理歴史・公民
    社会の動きやしくみを理解する上で重要となる、歴史や社会に関する基本的知識

 

Top