ご挨拶

開校150周年記念に向けて
学校法人 立正大学学園
理事長 望月 兼雄

立正大学学園は、その淵源である1580年(天正8)に開学した飯高檀林から数えて437年、1872年(明治5年)に東京芝二本榎(東京都港区高輪)の承教寺に設立された小教院からは145年を数え、2022年には開校150周年という記念すべき大きな節目を迎えます。
この間、本学園は仏教の開祖・釈尊の教えの真髄とも称される妙法蓮華経(法華経)と、13世紀の鎌倉時代、激動の社会情勢のなかで、

この法華経のもとに正しきを立てて世の平安と民衆の救済に一身を投じた日蓮聖人の思想と精神を受け継ぎ、そこに謳われる「立正精神」を教育理念の根本に据えてきました。
今日、少子高齢化と人口減少が進み、変化が激しく予測が困難な21世紀の社会を迎え、本学はその社会的使命を担い、人類社会の発展に貢献する人材の育成に向けて、なお一層努力してまいります。

Next

150周年記念事業

Next Stage

この記念すべき年を祝すとともに伝統を顕彰し、歴史と伝統を継承するとともに未来志向のものとして後世に伝えること、「真実」「正義」「和平」を掲げる「建学の精神」に基づいた教育・研究活動を通して社会的責任を実践し、新学部の創設やグローバル化に対応すること、キャンパスおよび諸施設を整備して教育環境の向上を図ること、将来にわたり教育機関を取り巻く社会環境の変化に対応することを柱とした開校150周年記念事業を推進してまいります。

Next

150周年記念イベント

150周年記念公開講座を開催します。

今後様々な企画を展開していきます。

Next

150年の歴史

人を育む総合学園へ

「根ふかければ、枝しげし。源遠ければ、流れながし。」と日蓮聖人が『報恩抄』に記したように、1580年に開設された飯高檀林を淵源とし、1872年の小教院設置を開校の起点として、立正大学学園は今日、8学部15学科7研究科、高等学校、中学校、11,000人が学ぶ総合学園に発展してきました。

Next

150周年記念事業募金

寄付について

150周年事業を期して、「立正精神」を現代社会に発現すべく、内外の社会の様々な課題を研究して教育プログラムに反映し、その成果を社会に還元して近未来の社会を担うべき人材「モラリスト×エキスパート」の育成をめざしたいと考えています。
さらに新たな長期ビジョンを策定し、今後10年、30年、50年後の立正大学像を描いて永続的発展をめざす事業とします。
皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

Top