• ホーム >
  • 新着情報 >
  • 開校150周年記念事業「つなぐ、すすむ、知のレガシー」 ヘッドマークデザインが決定しました

開校150周年記念事業「つなぐ、すすむ、知のレガシー」 ヘッドマークデザインが決定しました

2022/07/01

開校150周年記念事業の一環として運行するSLを飾るヘッドマークデザインを、学生・生徒のみなさんから公募していましたが、審査の結果採用作品が決定しました。
ご応募頂きましたみなさんには、この場をお借りして御礼申し上げます。

採用作品

制作者
石原怜於さん(地球環境科学部)
デザインコンセプト
大学のカラーでもある水色をベースに、背景には150年間の歴史とこれからの未来をつなぐ右上がりの線路を、中心には大きく150という数字、その下には大学マスコットのモラりすを、さらに大学のシンボルでもある橘をイメージした葉っぱでそれらの周りを大きく囲みました。なるべくSLと、このヘッドマークが合うようなデザインにすることと、150周年という大きな節目にふさわしいデザインにすることを心掛けて製作しました。
審査員特別賞

制作者
長野陽菜さん(立正中学校)
デザインコンセプト
立正大学学園開校150周年記念サイトのアクティブ&カラフルをモチーフにしました。
モラりすの帽子には立正大学のRのロゴをつけました。

なお、採用者および審査員特別賞受賞者には、令和4年8月27日(土)の運行日に表彰式を行います。

ページの先頭へ戻る