ロシアのウクライナへの軍事侵攻について

2022/03/09

2022年2月24日、ロシア政府はウクライナへの一方的な軍事侵攻を開始しました。この軍事侵攻によって勃発した戦闘では、多くの市民が命を落としています。これは、第二次世界大戦後、厳しい冷戦下においても全面的な世界を巻き込む戦争を回避してきた人類への挑戦であり、到底許容できるものではありません。

「真実・正義・和平」を建学の精神とする立正大学は、この軍事侵攻に強い抗議の意思を表明するとともに、世界が一日も早く平和で安全な生活を取り戻すことができるように、大学の本分である教育研究活動を通じて貢献してまいります。

立正大学長
吉川洋

ページの先頭へ戻る