• ホーム >
  • 新着情報 >
  • 国の緊急事態宣言解除後の本学の対応について(6月1日以降)(5/27掲載)

国の緊急事態宣言解除後の本学の対応について(6月1日以降)(5/27掲載)

2020/05/27

 東京都・埼玉県に発出されていた国の緊急事態宣言は5月25日に解除されました。しかし、東京都のロードマップでは、今なおステップ1(大学等は分散登校等が必要)とされています。こうした状況の下、本学は、皆さまの安全を守り、感染リスクを低減させるためにも、5月1日付けでお知らせした、第1期のオンライン授業を6月1日以降も継続します。なお、今後は、東京都等による外出自粛や休業要請等の緩和措置の状況や推移をみたうえで、学内入構に関する措置の緩和や解除について順次決定していきます。

 構内立ち入りは原則禁止ですが、下記の通り、6月1日から予約制での例外的な学内への入構を認めます。ただし、再度感染者数増加による「東京アラート」発令などにより状況が変化した場合は、下記の対応を含めた緩和措置を見直す場合があります。


1. 大学施設・入構利用について
・ 学生および学外者の構内立入り・施設利用を禁止します。
・ 図書館・古書資料館・博物館は休館します。
 ※郵送による図書の貸出サービスを開始します。詳細はこちらをご確認ください。
・ 心理臨床センターは閉室します。
・ 軽井沢研修所は休所します

2. 予約制による例外的な学内入構措置(6月1日~。※詳細は、ポータルサイトでお知らせします。)
・ 学生カウンセリングルームの利用
・ オンライン授業用のインターネット環境またはPC等機器の利用(特別な事情による)
・ キャリアカウンセラーによるカウンセリングの利用
3. 事務局の窓口業務について
・窓口業務は行いません。
 各種お問い合わせ・相談は、こちらからご連絡ください。
 ただし、各事務局は特別勤務体制のため、回答に時間を要することがあります。
 ※5月末日までの事務局の窓口対応についてはこちら

4. 学生の課外活動について
・課外活動は学内および学外ともに原則として禁止します。

以上

ページの先頭へ戻る