• ホーム >
  • 新着情報 >
  • 家計急変事由を抱える学生への支援事業について(10/15掲載)

家計急変事由を抱える学生への支援事業について(10/15掲載)

2020/10/15

新型コロナウイルス感染症拡大により経済的影響を受けるなど、家計急変事由を抱えている場合は、学生生活課へご連絡ください。立正大学ならびに国の実施する下記事業の詳細をご案内します。

<連絡先>

まずは以下の要領でメールにてご連絡ください(立正大学奨学金受付メール窓口です)。
なお、件名に必ず「家計急変」とご記入ください。記載がない場合、返信が遅れる可能性があります。

宛先:ssggkk【※】ris.ac.jp
(メールを送る際は”【※】”の部分を@ に変えてください。)
件名:家計急変(学生本人の学籍番号)
本文:
①学籍番号
②学生氏名
③家計急変の詳細
(事由の内容・対象(父母等)・事由発生前後における収入の変化等)
④家計急変の発生時期
⑤学費納入状況等
(③の内容を踏まえ2020年度2期の納入予定(見込)等)

<学費納入等に係る支援>
●国の修学支援制度(家計急変)【給付】
給付奨学金を毎月受給しながら、立正大学の授業料が減額される制度です。給付金額は家計状況に応じ変動します。

対象 学部生のみ(留学生を除く)
申請時期 随時(家計急変事由を抱える場合)
給付奨学金(自宅通学) 月額38,300円(上限)
給付奨学金(自宅外通学) 月額75,800円(上限)
授業料減免 年額700,000円(上限)
●立正大学学部橘経済支援奨学生、セカンドキャリア支援奨学生【給付】
経済的な理由により学費の支弁が困難である勤勉な学生/本学での修学を望みながらも経済的な困難を抱えている社会人学生に対して、立正大学の授業料が減免される制度です。詳細はこちらをご覧ください。

対象 学部生のみ(留学生を除く)
申請時期 2020年10月9日~10月28日
給付金額 <学部橘経済支援奨学生>年間授業料の全額・3/4・2/4・1/4相当額
<セカンドキャリア支援奨学生>年間授業料の半額相当額         
●立正大学学業継続支援奨学生【給付】
家計急変事由を抱える学生に対し、支援を実施します。在籍期間中に1回のみ給付を受けられますが、特定非常災害または緊急事態宣言に端を発する申請事由(2016年熊本地震、2019年台風19号、2020年新型コロナウイルス感染症拡大等による影響)により給付を受ける場合はその限りではありません。なお、国の修学支援制度の受給者は本制度の受給ができません。

申請時期 随時(家計急変事由を抱える場合)
給付金額 授業料分納額の半額(上限)
●日本学生支援機構 緊急・応急採用(貸与奨学金)【貸与】
緊急採用では第一種奨学金(無利子)の貸与を、応急採用では第二種奨学金(有利子)の貸与を受けることができます。

申請時期 随時(家計急変事由を抱える場合)
第一種貸与金額(自宅通学) 月額20,000、30,000、40,000、54,000円から選択
第一種貸与金額(自宅外通学) 月額20,000、30,000、40,000、50,000、64,000円から選択
第二種の貸与金額 月額20,000円~120,000円(10,000円刻み)から選択
以上
ページの先頭へ戻る