心理学研究所

社会の心理的諸問題に積極的に取組む「心理学研究所」

現代社会では人々の価値観が多様化し、同一の事実に対して、異なる感じ方、考え方をすることも珍しくありません。それによって、心的葛藤が生じ、ストレスが心身の健康をむしばんでいます。さらに、価値観や物の見方、感じ方においても、従来に比して、年代間の乖離が拡大しております。

それ故に、心理学的アプローチに対する期待は大きく、2002年の心理学部開設と同時に発足した心理学研究所では、心理学に関する幅広い研究・調査、技術開発に取り組み、社会に貢献することを目的とした活動を行って参りました。

研究員の研究領域は、知覚・認知心理学、学習・言語心理学、感情・人格心理学、神経・生理心理学、社会・集団・家族心理学、発達心理学、障害者・障害児心理学、健康・医療心理学、福祉心理学、教育・学校心理学、司法・犯罪心理学、産業・組織心理学、精神医学、実験社会心理学、対人社会心理学、交通心理学、進化心理学、動物心理学、教育学など、広い範囲に及んでおります。

個々人の研究は、社会的課題やニーズに応え、多様な研究が展開されております。特に、共同研究の推進により、研究成果の社会に対する発信が積極的に行われています。研究発表会は、年間4~5回行われておりますが、参加者を大学院生まで拡大し、広く研究成果を共有することを重視しております。研究員の論文発表も、学内研究誌のみならず、学外専門誌に行われています。学部と連携した公開講座の開催、さらにマスメディアを通した社会貢献活動も部分的に行われております。

研究所紀要のリポジトリリンク 
ページの先頭へ戻る