吉野 優香

吉野 優香Yoshino Yuka

特任講師

臨床心理学科

専門分野
基礎心理
吉野 優香

臨床心理学科 担当授業

  • 心理学基礎演習
  • 心理学概論
  • 社会・集団・家族心理学

研究テーマ

誰かの手助けを受けたときに人が経験するありがたみや申し訳なさの気持ちが,気持ちを経験している人自身の行動,ウェルビーイングなどに及ぼす影響を研究しています。

経歴

筑波大学大学院人間総合科学研究科博士後期課程を修了。筑波大学人間系博士特別研究員,立教大学現代心理学部心理学科教育研究コーディネーターを経て,2021年4月より現職。

所属学会

  • 日本心理学会
  • 日本社会心理学会
  • 日本教育心理学会

代表的な論文・著者

  • (論文)特性感謝・特性負債感と制御焦点理論に基づく行動制御モードとの関連の検討 筑波大学心理学研究,58,33–43頁(共著)2020/3
  • (論文)感謝感情と負債感情の共起が第三者への向社会的行動に及ぼす影響 筑波大学心理学研究,55,39–48頁(共著)2018/2
  • (論文)被援助場面で経験される感謝感情と負債感情の生起過程モデルの検討 心理学研究,88,6,535–545頁(共著)2018/2
  • (著書)看護のためのポジティブ心理学 177-182頁(分担執筆)2021/2
  • (著書)教師と学生が知っておくべき教育心理学 105–113頁(分担執筆)2020/4

趣味・特技

音楽を聴くこと
美味しいものを食べに出かけること
散歩すること

メッセージ

私たちの生きる社会は多くの人のこころの働きが作用しあって築かれています。心理学ではそれらの仕組みを明らかにしたり応用して多様な幸福の実現を目指しています。自分自身のこと,誰かのこと,社会のことなど,お互いを理解し尊重するために何ができるのか,心理学を通して考えてみませんか。

メッセージ

吉野 優香