【吹奏楽部】東京都吹奏楽コンクール(大学の部)に24年連続出場・銀賞受賞!

2019/09/18

立正大学吹奏楽部は、8月18日に江戸川区総合文化センターにて行われた「令和元年度東京都大学吹奏楽コンクール(東京支部大会予選)」において金賞を受賞。その結果、24年連続で「第59回東京都吹奏楽コンクール(全日本吹奏楽コンクール・全国大会予選)」に出場する快挙を達成し、9月7日に府中の森芸術劇場どりーむホールにて開催の同コンクールにおいては、銀賞を受賞しました。

なお、吹奏楽部は年末となる12月30日には、埼玉県川越市にあるウェスタ川越において「第54回定期演奏会」を開催いたします。皆様のご来場、心からお待ち申し上げます。

【第54回定期演奏会について】

日時:2019年12月30日(月) 開場14:20 開演15:00
場所:ウェスタ川越 大ホール
演目:
第1部 Stage Marching Show
第2部 Special Stage
・銀河鉄道の夜 作曲:菊地幸夫
第3部 Symphonic Stage
・行進曲「春」 作曲:福島弘和
・吹奏楽のための組曲 作曲:菊地幸夫
※プログラム・曲目は、予告なく変更になる場合がございます

【立正大学吹奏楽部について】

吹奏楽部は1961年の創部(活動開始は1962年)以来、57年という長い歴史を歩み、活動指針である「和と前進」を胸に座奏とマーチングの二つの形態で活動を続けています。

日頃より、入学式や卒業式といった各種学内行事をはじめ、大学野球応援や品川・熊谷各キャンパス周辺地域の企業・団体からの依頼演奏等、幅広く活動しています。

23年前に音楽監督として佐藤正人氏を招聘。以降、多彩な音楽づくりとその熱い指揮から繰り広げられる「立正サウンド」が次第に形成されていきました。もちろん、その原点となる部員一人ひとりは授業や実習、就職活動やアルバイト等の合間を縫って各キャンパスの練習場所で日々精進、毎週1回は熊谷キャンパスにおいて合同練習を行うなど、心をこめた良い演奏を目指すべく全力で活動しております。