ボランティア活動推進センター

センターについて

ボランティア活動推進センター(通称ボラセン)は社会福祉学部の前身である短大でのボランティア活動の伝統を引き継ぎ、熊谷キャンパスに社会福祉学部の機関として2002年に設置され、2021年には全学化組織に移行された。しかしセンター拠点は熊谷のみの為(2023年現在)、今後更なる充実を図っていく。


設立の目的

・学生のボランティア活動を推進し、福祉に対する知識や実践力の向上、学生生活の活性化を図る。
・授業との連携を図りつつ地域社会の福祉の向上に貢献する。
・学生スタッフが運営に関わり、学生のボランティア活動のサポート、情報提供、ボランティアに関する講座やイベントの開催等の実施を活性化する。


取り組み

本センターはその設立経緯から、これまでは福祉分野でのボランティア募集、活動が中心になる傾向があったが、東日本大震災をはじめとする昨今の自然災害の多さはボランティアの必要性を社会的に広める事となった。東日本大震災では、品川、熊谷の両キャンパスより学部問わず多くの学生ボランティアの派遣を行い、その後現在では長期休暇を利用したスタディーツアーを継続的に開催し学生達の大いなる学びの場となっている。

更に、地域貢献活動も重要な柱となり、地域団体の支援だけでなく、センター独自で企画運営するプログラムに地域の方を招待しながら、学生と地域の方々の交流の場も作っている。
今後もキャンパスでの学びと実社会でのボランティア活動をリンクさせながら、実践知を積み重ねることを、サポートしていくことが本センターの役割となる。


運営体制について

・センターの活動は、センター長、運営委員、コーディネーター、学生スタッフが連携して運営する。
・ボランティア活動推進センター(熊谷キャンパス17号館1階)では、主にコーディネーターが業務を行う。


ページの先頭へ戻る