教員養成・社会教育職員養成の理念

立正大学における教員および社会教育職員養成の基本理念は、第16代学長石橋湛山が立正精神を具体化した建学の精神、すなわち「真実を求め至誠を捧げよう」、「正義を尊び邪悪を除こう」、「和平を願い人類に尽そう」に求められる。

2005 年から立正大学の教育目的として掲げている『「モラリスト×エキスパート」を育む。』は、このような建学の精神をさらに具体化したものである。すなわち、本学は、確かなモラルに裏づけられた専門性を備えた人材の育成を目指す大学であることをうたっているのである。

本学における教員および社会教育職員の養成は、この目的の実現に向け、全学的な理解と協力の下に、教育職員免許法及び同法施行規則に基づき、次の3点を基本方針にしてカリキュラム編成を行っている。

1.子どもの人権にかかわる深い理解を育む。
2.現代の教育的諸課題に主体的に取り組むことのできる豊かな力量を育む。
3.教職員はもとより、保護者や地域住民との確かな連携を通じて教育実践を展開することができる確かな力量を育む。

上記基本方針に基づいたカリキュラム編成の具体的特質は、次の通りである。

1.教育が人権思想に裏づけられていることをその本質としていることが理解できるよう配慮する。
2.「教職特講」や「教職演習」などを開設して、教職教養にかかわる科目の学習に主体的に取り組み、実践的能力を育むことができるよう配慮する。
3.現代社会に求められる生涯発達、生涯学習の課題に取り組むことができるよう配慮する。

立正大学における教員および社会教育職員養成の長きにわたる伝統は、こうした理念と基本方針に基づき、充実したカリキュラムの下で、教育的課題に積極的に取り組むことのできる優れた教員および社会教育職員を養成することによって育まれている。


■初等教育教員養成の理念(社会福祉学部子ども教育福祉学科)

 初等教育の教員養成の理念は、①確かな子ども観・教育観に裏づけられた教育者として高い使命感をもち、子ども・児童に教育的愛情を注ぐこと②教科教育に関する専門知識をもち、児童理解に基づいた実践的指導力をもつこと③現代社会の要請に応え、困難な状況を乗り越えられる力量をもつことである。
現代社会は、少子高齢化、情報化、国際化がさらに進展し、児童虐待・いじめ・不登校・育児不安など、さまざまな難聞が出現してきている。このような問題に対応するには、今までにも増して、「福祉」「教育」双方の立場から、子どもを深く理解し、指導できる人材が求められているといえよう。そのため、福祉やソーシャルワークを理解した教員の養成は緊急課題である。また、子ども家庭福祉の問題に対して適切に対応でき、保護者や地域との連絡調整やスクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーとの連携を密にとれる教員を養成することが、社会のニーズに応えるものといえる。この社会的要請に対応するため、本学科は、福祉と教育の視点をもった幼稚園教諭養成および小学校教諭養成を行っていく。


■特別支援教育教員養成の理念(社会福祉学部社会福祉学科)

特別支援学校の教育現場では、様々な問題に対処するために社会福祉やソーシャルワークを理解した教員が求められており、この学校現場のニーズ・要請に応えるために、本学では社会福祉学科に特別支援学校の教員養成課程を設置している。そのため、この教員養成課程の基本コンセプトを「社会福祉やソーシャルワークを理解した特別支援学校の教員を養成する」とし、また、めざす教師像を①教職に対する使命感や誇りを持ち、障害のある子どもたちに限りない教育的愛情を注ぐことができる教師 ②障害児指導に関する理論と実践力を兼ね備えた専門性を身につけた教師 ③社会福祉やソーシャルワークを理解し問題解決を図っていくことができる教師 ④保護者対応や教育現場でのティーム・ティーチングに必要なコミュニケーション能力を身につけた教師とし、学生の指導にあたっている。

ページの先頭へ戻る