耐震化率・施設の耐震化について

耐震化率

立正大学の耐震化率は93.4%です。<令和3年4月1日現在>

※「耐震化率」とは、日本私立学校振興・共済事業団の「私立学校校舎等実態調査」に基づき以下の方法で算出しています。

   aまたはbに該当する建物の延床面積の合計(分子)/「実態調査」対象施設の延床面積合計(分母)

  a 新築年月日が1981 年( 昭和56 年) 6 月1 日以降の建物
  b 新築年月日が1981 年( 昭和56 年) 5 月31 日以前の建物のうち、耐震診断を実施済で、
   耐震性能を有しているあるいは耐震補強済の建物

施設の耐震化について

熊谷キャンパス13号館(図書館)は、令和4年度に耐震補強工事を実施し、立正大学の耐震化率は96.4%となる予定ですが、その他の旧耐震基準の施設については、令和6年度までに利用を停止する計画です。

ページの先頭へ戻る