2016年度

本年度は毎年の定められた自己点検・評価や大学評価との差別化を図り、「評価の評価」という形式・性格にこだわらず、より実質的な場・機会とするため、昨年度に引き続き意見交換を主体とした形態にて実施することで、諸活動の活性化により資する有効な意見、提言を得ることを目指しました。

また、第3期は前期より再任の4名の委員のほか、近代的な大学改革に関する理論に精通し実践経験も豊富な大学の関係者2名、高大接続改革を睨んだ、「高校(生)の視点」を取り込むための高校の関係者1名の委員を選任しました。新委員の精通した分野を念頭に、大学評価結果を含む本学の認識している課題と、その現状の対応を含めた「評価」とともに成果の測定について意見交換(議論)を通じ認識を深めることを目的に、大学基準4「教育内容・方法・成果」より「教育成果について」をテーマとしました。また、各学部、研究科の現状把握のために「評価指標等に関するアンケート」を実施しました。外部評価委員は、このアンケート結果を含む関係資料について事前に書面検証を行うとともに、委員会当日には大学関係者による概要報告を受けた上で、学事、入試担当の大学関係者との意見交換を実施しました。

2016(平成28)年度 外部評価委員会

日 時:2017(平成29)年1月28日(土)14:00~18:00
場 所:立正大学 品川キャンパス 11号館 8階 第6会議室
評価項目:教育内容・方法・成果および三つのポリシー見直しについて
委員長:原田 久 (立教大学 副総長)
委 員:田中 岳 (東京工業大学 教育革新センター 教授)
    樋口 元 (京華女子中学・高等学校 教頭)
    前田 早苗(千葉大学 国際教養学部 教授) 
    ※敬称略、委員は氏名50音順

2016年度外部評価委員会概要報告・意見交換①

2016年度外部評価委員会外部評価担当委員

2016年度外部評価委員会概要報告・意見交換②

2016年度外部評価委員会本学出席者

 ※学内アンケートの結果(資料)については非掲載です

ページの先頭へ戻る