自己点検・評価

点検・評価報告書

立正大学では学士課程および大学院学位課程の諸活動について点検・評価を実施し、その結果に基づいて教育研究の質向上を図るため、自己点検・評価委員会を置いています。

学長を委員長とする自己点検・評価委員会および大学院自己点検・評価委員会は、全学部長・研究科長を含む委員によって組織し、全学的な組織として内部質保証の推進に取り組んでいます。また、本学の自己点検・評価活動の結果は、「報告書」としてホームページはもとより、学内事務部局や図書館において共有・公表しています。

なお、2012年度より学外の有識者による外部評価委員会を設置し、本学が実施する自己点検・評価活動等の諸活動について学外者による検証および評価を行っています。外部評価委員会の活動については下記より参照ください。

報告書

※報告書は公益財団法人大学基準協会の示す大学基準より、2011年度以降、毎年の変化が大きい項目を軸に選択、掲載しておりましたが、2016年度からは全ての大学基準について取りまとめることとしました。2011年度~2015年度における報告書の掲載内容については、各報告書の記載事項をご参照ください。

ページの先頭へ戻る