• ホーム >
  • 大学紹介 >
  • 緊急事態宣言延長に伴う本学の対応について(品川キャンパス・熊谷キャンパス)【9月10日付】

緊急事態宣言延長に伴う本学の対応について(品川キャンパス・熊谷キャンパス)【9月10日付】

1.授業について

新型コロナウイルス感染拡大に伴う東京都等への緊急事態宣言が9月30日(木)まで延長されました。

9月21日(火)~30日(木)の授業実施にあたっては、原則オンライン授業とし、実験・実習科目等オンラインでは実施できない科目に限り、対面授業とします。
各科目における授業実施方法は、一部の科目で変更があるため、ポータルサイトMy時間割を確認してください。

10/1(金)以降の授業実施については、
・緊急事態宣言が解除された場合は、原則対面授業とします。
 なお、教室定員は1/2とし、施設設備上、対面授業が実施できない場合はオンライン授業とします。

・緊急事態宣言が延長された場合は、9/21~30の授業形態が維持されます。

なお、第2期授業開始後に、新型コロナウイルス感染状況や政府の発表により、授業実施方法を変更する場合があります。

2.課外活動について

課外活動は原則禁止とします。
これに伴い品川・熊谷キャンパス間の学バスは運休とします。

3.品川キャンパスの入構口の変更について

品川キャンパスへの入構は、正門横スロープをご利用ください。他入構口は閉門とします。

4.さらなる新型コロナウイルス感染症拡大防止対策徹底のお願い

新型コロナウイルス感染拡大を防止する観点から、「マスク着用や手洗い・手指消毒の実施」、「学食や学修スペース等では密にならないよう隣同士を避けて着席」、「飲食時は会話をしない・飲食の合間に会話をするときはマスク着用」、「友人との間近での会話や発声を控える」等、基本的な感染防止対策を各自が意識して実行してください。さらに、不要不急の外出を控えること、店舗だけではなく路上や自宅等で行われるものも含めた懇親会の自粛なども含め、感染拡大防止への意識を持つことが、大学における対面授業の再開にもつながります。引き続き、学生一人ひとりが感染拡大防止への取り組みを実行してください。

ページの先頭へ戻る