海外ボランティア

1.海外ボランティアとは

・夏期・春期休暇期間を利用し、大学が指定する海外ボランティアプログラムに参加する制度です。
・全て現地集合、現地解散となりますので、航空券の手配やその他の渡航準備は学生自身で行います。
・研修地域や研修内容に応じて大学から奨学金が給付されます。
・単位認定はありません。

オーストラリア/ニュージーランド「環境保護」 植林や生態系整備などの保護活動
オーストラリア/ニュージーランド「チャイルドケア」 園児のケアや交流を通じて教育現場を体験
ベトナム「児童福祉」 孤児や障がいを持った子どもたちのケアと交流
インドネシア「日本語クラスサポート」 現地の学校で日本語教師のアシスタント
カナダ「環境保護」「アニマルケア」「地域サポート」 環境保護活動、アニマルケア、地域の施設やリサイクルショップなどのアシスタント
アメリカ「チャイルドケア」「シニア福祉」「NPO活動支援」 小学校や学童保育施設のアシスタント、老人ホームで入居者のケア、NPO団体のサポート
アメリカ「教師アシスタント」 小学校での児童サポート、教師体験(30分程度の授業実施)
世界約35か国「国際ボランティア」 遺跡・建築物、自然、文化、社会福祉、教育や学びに関わる活動(約800プロジェクト)

  ボランティア実施団体:国際教育交換協議会(CIEE)

2.出願資格

本学学部生および大学院生(休学中の学生、外国人留学生を除く)であること。
現地で研修を行うのに必要な語学力を備えていること。

※外国籍の学生はビザの申請が必要となる場合がありますので、事前によく調べた上で応募してください。

3.研修生スケジュール

    夏期 春期


応募受付 4月 10月
面接・選考・研修生決定 5月 11月
オリエンテーション・奨学金交付式式 5月~7月 11月~1月
海外渡航安全講習会 7月 12月
研修期間


帰国後オリエンテーション 9月 3月
帰国届の提出 指定された期日まで 指定された期日まで
研修報告書等、書類の提出 指定された期日まで 指定された期日まで

4.募集要項

各キャンパスの国際交流課で受け取ってください。

※上記内容・スケジュールは変更になる可能性があります。国際交流センターの掲示板や募集要項等で必ず確認してください。

ページの先頭へ戻る