博士後期課程 履修および研究指導計画のプロセス

1年次

4月上旬 ●入学式・大学院ガイダンス、研究科・専攻ガイダンス

大学院ガイダンスでは奨学金・留学・研究助成・就職支援制度等の説明、研究科・専攻ガイダンスでは年間の研究計画書の作成の説明と、 研究テーマに沿った科目の履修方法や文献の検索・読解方法等を指導する。

●指導教員の決定

ガイダンス時に決定した指導教員が、個別に研究領域の授業科目と、履修モデルについて指導する。

●履修登録・研究計画書作成

院生は当該年度の研究計画を作成する。必要があれば指導教員が助言、修正等を行う。

5月下旬 ●研究計画書の提出

指導教員は研究計画書に基づき研究指導計画を記入して、院生と相互に内容を確認した後に研究科に提出。

6月中旬 ●研究計画書の確認

提出された研究計画書を専攻主任会議において確認する。

●博士論文テーマの設定・絞込み

院生は指導教員の指導・助言のもと、博士論文のテーマについて検討し、絞込みを行う。また、資料の収集および読み込みをはじめる。

4月上旬

3月下旬
●研究の遂行および指導

院生は研究計画に沿って研究を遂行する。指導教員は研究の進行を確認し、随時指導を行う。

11月中旬 ●博士後期課程研究発表会(第1次中間発表)

院生はこれまでの研究成果と今後の研究計画の報告を行う。その内容について指導教員は相談を受け、指導、助言をする。

2月下旬 ●研究報告書の提出

院生は当該年度の研究報告を作成する。指導教員は研究報告書に研究指導報告を記入して、院生と相互に内容を確認した後に研究科に提出。

3月下旬 ●研究報告書の確認

提出された研究報告書を専攻主任会議において確認する。

2年次

4月上旬 ●入学式・大学院ガイダンス、研究科・専攻ガイダンス

大学院ガイダンスでは奨学金・留学・研究助成・就職支援制度等の説明、研究科・専攻ガイダンスでは年間の研究計画書の作成の説明と、        研究テーマに沿った科目の履修方法や文献の検索・読解方法等を指導する。

●指導教員の確認

指導教員が、個別に研究領域の授業科目と、履修モデルについて指導する。

●履修登録・研究計画書作成

院生は当該年度の研究計画を作成する。必要があれば指導教員が助言、修正等を行う。

5月下旬 ●研究計画書の提出

指導教員は研究計画書に基づき研究指導計画を記入して、院生と相互に内容を確認した後に研究科に提出。

6月中旬 ●研究計画書の確認

提出された研究計画書を専攻主任会議において確認する。

●博士論文テーマの設定・絞込み

院生は指導教員の指導・助言のもと、博士論文のテーマについて検討し、絞込みを行う。また、資料の収集および読み込みをはじめる。

4月上旬

3月下旬
●研究の遂行および指導

院生は研究計画に沿って研究を遂行する。指導教員は研究の進行を確認し、随時指導を行う。

11月中旬 ●博士後期課程研究発表会(第2次中間発表)

院生はこれまでの研究成果と今後の研究計画の報告を行う。その内容について指導教員は相談を受け、指導、助言をする。

2月下旬 ●研究報告書の提出

院生は当該年度の研究報告を作成する。指導教員は研究報告書に研究指導報告を記入して、院生と相互に内容を確認した後に研究科に提出。

3月下旬 ●研究報告書の確認

提出された研究報告書を専攻主任会議において確認する。

3年次

4月上旬 ●入学式・大学院ガイダンス、研究科・専攻ガイダンス

大学院ガイダンスでは奨学金・留学・研究助成・就職支援制度等の説明、研究科・専攻ガイダンスでは年間の研究計画書の作成の説明と、 研究テーマに沿った科目の履修方法や文献の検索・読解方法等を指導する。

●指導教員の確認

指導教員が、個別に研究領域の授業科目と、履修モデルについて指導する。

●履修登録・研究計画書作成

院生は当該年度の研究計画を作成する。必要があれば指導教員が助言、修正等を行う。

5月下旬 ●研究計画書の提出

指導教員は研究計画書に基づき研究指導計画を記入して、院生と相互に内容を確認した後に研究科に提出。

6月中旬 ●研究計画書の確認

提出された研究計画書を専攻主任会議において確認する。

4月上旬

3月下旬
●研究の遂行および指導

院生は研究計画に沿って研究を遂行する。指導教員は研究の進行を確認し、随時指導を行う。

9月下旬 ●学位請求論文準備稿(事前審査用)の提出

提出された事前審査用論文準備稿をもとに事前審査を受けてよいか指導教員により判断される。

10月上旬 ●学位請求論文事前審査の開始

論文準備稿の提出後、専攻による事前審査の開始。

10月下旬 ●論文提出の可否の審査

専攻会議において、事前審査に基づき、論文提出の可否が審査される。主査・副査の決定。

11月下旬 ●博士後期課程研究発表会(第3次中間発表)

院生はこれまでの研究成果と今後の研究計画の報告を行う。その内容について指導教員は相談を受け、指導、助言をする。

●博士論文・要旨の提出

院生は、博士論文とその要旨ならびに必要書類を期日までに研究科に提出する。

12月上旬 ●論文受理の可否の審査

研究科委員会において博士論文の受理の可否が審査される。

●本審査開始

1月下旬 ●公聴会(論文口頭試問)

2月上旬 ●博士論文審査

主査および副査は研究科委員会において博士論文と口頭試問の結果を報告する。研究科委員会が合否について判定する。

2月下旬 ●研究報告書の提出

院生は当該年度の研究報告を作成する。指導教員は研究報告書に研究指導報告を記入して、院生と相互に内容を確認した後に研究科に提出。

3月上旬 ●修了(博士論文合格・単位充足)発表

3月中旬 ●大学院学位授与式

3月下旬 ●研究報告書の確認

提出された研究報告書を専攻主任会議において確認する。

※開講科目の具体的な履修方法等は、4月の専攻ガイダンスや履修相談で説明します。
また、授業スケジュールは別途学年暦で確認をしてください。


ページの先頭へ戻る