本間俊文著「初期日興門流史研究」(山喜房仏書林)

目次

序 章
 第1節 問題の所在
 第2節 研究史概観
 第3節 本書の構成

第1章 日興門流史概観
 第1節 門祖日興の生涯
 第2節 日興滅後における門流の展開

第2章 日興門流における曼荼羅本尊の継承
 第1節 『白蓮弟子分与申御筆御本尊目録事』(『弟子分帳』)
     について
 第2節 日興の曼荼羅本尊書写
 第3節 門弟による曼荼羅本尊の受容と書写
 
第3章 日興門流における諫暁活動の展開
 第1節 中世日蓮教団の諫暁活動
 第2節 日興在世中における日興門流の諫暁活動
 第3節 日興滅後における日興門流の諫暁活動
 
第4章 日興と弟子檀越の交流
 第1節 日興と弟子檀越の往来
 第2節 日興門流における物品の授受
 
第5章 日興門流史における諸課題
 第1節 日興書状にみえる「六郎入道」について
 第2節 徳治二年の法難について
 第3節 日興門流における日蓮遺文の書写について

終 章

※本書は、「立正大学大学院文学研究科博士論文出版助成」を受けて刊行されました。

ページの先頭へ戻る