松山典正著「『源氏物語』アイロニー詩学 -玉鬘十帖の語り-」(笠間書院)

目次

第1章 玉鬘十帖の「筋」
 第1節 「帚木」三帖から「玉鬘」十帖へ -成立論について-
 第2節 三稜の筋
 第3節 玉鬘とヒルコ伝承

第2章 端役たちの活躍
 第1節 玉鬘をめぐる夢の役割
 第2節 夕顔の右近の考察
 第3節 花散里の後見としての役割
 第4節 六条院入りにおける市女の活躍
 
第3章 玉鬘十帖における語りと叙述の方法
 第1節 「初音」巻の考察
 第2節 語り手のアイロニー
 第3節 玉鬘十帖における語り手の評言
 第4節 「篝火」巻論 -「恋のけぶり」をめぐって-

※本書は、「立正大学大学院文学研究科博士論文出版助成」を受けて刊行されました。

ページの先頭へ戻る