佐藤妙晃著「『立正安国論』の書誌学的研究」(山喜房仏書林)

目次

序論

第1篇 真蹟『立正安国論』の書誌学的研究
 第1章 日蓮聖人遺文集収録の真蹟『立正安国論』
 第2章 中山法華経寺所蔵『立正安国論』の書誌
 第3章 京都本圀寺所蔵『立正安国論』の書誌
 第4章 身延山久遠寺曾存『立正安国論』の書誌

第2篇 『立正安国論』諸本にみる「国」字の検討
 第1章 真蹟『立正安国論』にみる「国」字
 第2章 日蓮聖人遺文にみる「国」字の検証
 第3章 日蓮聖人所持書入『注法華経』の検証
 第4章 日本中世社会における「字書」の検討
 第5章 個別写本『立正安国論』における「国」字の検討
 第6章 『録内御書』所収『立正安国論』にみる「国」字の検討

第3篇 『立正安国論』諸本の校異
 第1章 真蹟『立正安国論』二種の校合
 第2章 略本系統に属する『立正安国論』諸本の校異
 第3章 広本系統に属する『立正安国論』諸本の校異

まとめ

※本書は、「立正大学大学院文学研究科博士論文出版助成」を受けて刊行されました。

ページの先頭へ戻る