令和2年度立正大学全学部*一般入学試験(2月後期試験(2月21日))についてのお知らせ

令和2年度立正大学全学部*一般入学試験(2月後期試験(2月21日))についてのお知らせ

令和2年2月21日(金)に実施した「令和2年度立正大学全学部*一般入学試験(2月後期試験)」の試験問題において、下記の問題訂正等があることが判明しました。
受験生をはじめ、関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけしましたことに対して、深くお詫びし、ここにご報告申し上げます。

①全学部*一般入学試験(2月後期試験)(2月21日(金))

【対象学部】
心理学部・法学部・経済学部・文学部・仏教学部・地球環境科学部・社会福祉学部
*経営学部は実施していません

【出題ミスの内容】
科目名:日本史(地歴公民)
当該科目受験者数:418名(地歴公民は、日本史・世界史・地理・政治経済より1科目を選択)
内容:
日本史 大問「Ⅰ」問4
・設問文に対して5つの選択肢の中から最も適切なものを1つ選択する問題(配点2.5点)です。
・選択肢④を正解としていましたが、選択肢文中の「庸は戸籍に登録された21歳から60歳の」との記載が誤りであり、「庸は戸籍に登録された21歳から65歳の」が正しく、正答を導くことができない設問となっていました。

【対応】
問題作成・校正時の点検が不十分であったことのよるものです。試験実施後に、学内関係者および外部からの指摘を受けて判明しました。
該当箇所の配点分(100 点満点中 2.5 点)を当該科目の受験生全員に加点し、その上で合否判定を行います。

立正大学入試センター
電話:03-3492-6649

以上