立正大学ロータスギャラリー特別展示室開室のお知らせ

2021/12/06

開催期間:2021年12月07日〜2022年06月29日

2021年12月7日(火)より「立正大学ロータスギャラリー特別展示室」が開室いたします。同日より「開室記念特別展」として、下記のように「立正大学海外仏跡調査展」を開催いたします。皆様のご来場をお待ちしております。

会期
2021年12月7日(火)~2022年6月29日(水)
休室日
月・木・日祝日
開室時間
10:30~16:30[入室は16:00まで]
内容
立正大学の100年以上を有する海外調査の黎明となった、岡教邃(立正大学教授)によるインド釈迦出家の故城・カピラ城の研究をはじめ、1967年~77年にわたり行われた、ネパール・ティラウラコット遺跡でのカピラ城探索調査ならびに周辺の仏跡調査、また仏教伝播の一端を明らかにした「立正大学ウズベキスタン学術交流プロジェクト」の成果を、発掘資料ならびにパネルなどで紹介します。
■予約不要・入室無料
■開室日、開室時間が変更になる場合がございます。詳しくは大学ホームページにてお知らせいたします。
■新型コロナウイルス感染症の感染予防と拡大防止のため、入室および観覧に際し、ご協力をお願いする場合があります。
お問い合わせ先
03-3492-6616 ロータスギャラリー特別展示室事務室
または
03-3492-2690 大学史料編纂課
ページの先頭へ戻る