学費

令和3年度より、学費は半期ごとの納入となります。
【第1期】授業料・施設設備資金・教育充実費・実験実習料・校友会費の2分の1
【第2期】授業料・施設設備資金・教育充実費・実験実習料・校友会費の2分の1
※初年次は入学手続時に【第1期】分に加え入学金・学生健康保険互助会費・オリエンテーション費(全て年額)が必要になります。


本学の学費は以下のとおりです。

納入用紙発送時期と納入期限

発送時期 納入期限
第1期 新入生 合格発表時(Webから出力) 入学手続き締切日
在校生 4月10日頃 4月30日
第2期 在学生 9月1日頃 10月31日

・国の修学支援新制度(授業料減免)に申請された方はスケジュールが異なります。
・納入期限が銀行休業日の場合には、その翌営業日が期限となります。
・納入用紙はお届けしている学費納入者宛にお送りします。
・納入用紙のお届け先を変更したい場合には、所属するキャンパスの学事課へお問い合わせください。
・学費の納入用紙を紛失した場合には、再発行をいたしますので、経理課へお電話かEメールにてお申し出ください。

納入方法

お手元に届きました所定の納入用紙を使用して、金融機関窓口から納入してください。
※現金書留や、本学窓口での納入はできません。

ATMやインターネットバンキングの利用について(在校生のみ)

本学の学費等のご納入は、原則として本学所定用紙を使用し、銀行窓口にてお振込みいただくようお願いしておりますが、ご都合によりATM、インターネットバンキングをご利用される場合は、以下の点にご留意の上、自己責任でのお振込みをお願いいたします。
・振込人欄には、依頼人番号、学生氏名(カナ)の順で入力してください。漏れがあると、どなたの学費か確認が出来ず、未納の状態となる場合があります。
・お振込みの控えは、必ず保管してください。
・振込金額の過不足が生じないようお願いします。(一部入金は認めておりません)
・振込みにかかる手数料はご負担ください。

休学について

所定の期日までに休学願を各キャンパス学事課へ提出し、受理された方の学費は一部減額されます。その場合には休学在籍料として学期毎に50,000円徴収いたします。(別途校友会費が必要となります。)

退学について

退学を希望する場合、所定の学費が納入済みであることが必要となります。
納めなければならない学費は「退学願」の提出時期により以下のとおり異なります。

「退学願」の提出時期学費の支払義務
4/1~4/30納入は不要
5/1~9/20当年度第1期分までが納入済みであること
9/21~3/31当年度第2期分までが納入済みであること

※「退学願」を提出する時期により、支払う義務のない学費振込用紙が送付される場合があります。その場合には、送付された振込用紙等は破棄してください。

延納手続きについて

経済的事由等のやむを得ない事情で、納入期限までに学費の納入が困難な方は、事前に「学費延納願書」を提出することで、期限を所定の期日まで延期することができます。

各期の納入期限までに「学費延納願書」を学生および保証人の署名・押印・延納理由記載の上、所属キャンパスの経理課へ提出してください。
「学費延納願書」の用紙は、学生または保証人が所属するキャンパスの経理課に請求、または別途PDFをダウンロードしてください。(学費延納願書PDFは受付期間のみHPに表示されます。)

※学費未納者は除籍となりますので、ご注意ください。

ページの先頭へ戻る