古文書研究会

設立年度

1958

新入生へ一言

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
古文書研究会では本物の古文書を手に取り、読むことが出来ます。
古文書に興味がある、学芸員になりたいという方などは、ぜひ古文書研究会を訪ねてみてください!

団体コード

E581

インフォメーション

  • 品川:13名(男子:9名)(女子:4名)
    熊谷:0名(男子:0名)(女子:0名)
    合計:13名
  • 品川:学生会館(12号館)201号室
    熊谷:
  • 2015年 『吉田康久家所蔵文書目録』刊行、大学祭展示「村と百姓-武蔵国旛羅郡四方寺村を例に-」/2016年 調査報告書『近世中・後期における旗本知行地の勝手賄いと地域運営』刊行、大学祭展示「武士の裏事情」/2017年 調査報告書『近世中・後期における地主経営と地域社会‐武蔵国旛羅郡四方寺村吉田家を事例に‐』、大学祭展示「土地と生きる百姓」/2018年 調査報告書『近世中後期における圦樋管理‐武蔵国旛羅郡四方寺村「四方寺堤」を事例に‐』、大学祭展示「村人たちの堤管理‐古文書が語る四方寺堤‐」/2019年 調査報告書『武蔵国大里郡成沢村福田祀晴家文書目録 附
    福田祀晴家所蔵文書史料集』刊行、大学祭展示「古文書から見る江戸時代の村‐成沢村福田家文書の紹介‐」

スケジュール

4月:
5月:総会、合宿
6月:新入生勉強会
7月:
8月:合宿
9月:合宿
10月:大学祭勉強会・準備、報告書執筆および編集作業(3月刊行)
11月:大学祭にて展示発表、総会
12月:総会、合宿、報告書編集作業
1月:報告書編集作業
2月:合宿
3月:合宿、報告書刊行

アピールポイント

古文書研究会は60年以上もの歴史がある研究会です。学部生を主体とし現在は埼玉県熊谷市で古文書の調査・研究をしています。
OB・OGの方々には学芸員・研究者・公務員などさまざまな場で活躍をされている方々がたくさんおり、貴重なお話を伺うことが出来ます。研究をする上で必要となる史料を読むことなどを始めとして、さまざまな実践的なスキルも身につきます。当会で仲間と共に歴史への知識・興味を深めましょう。

ページの先頭へ戻る