卒業生・修了生のみなさんへ-理事長 望月兼雄

2020/03/09

学校法人 立正大学学園
理事長 望月 兼雄

令和元年度 立正大学ご卒業の皆さん、誠におめでとうございます。

今回、中国で発生しました新型コロナウイルス感染症は、今や世界中に拡散し日本においても感染源が特定できない感染者が増えています。現在でも日常生活や経済産業など多くの影響が出ており、さらに拡散することは重大な状況に陥ることは必至であると考えられます。

そのためコロナウイルス感染拡大予防を考えて、立正大学第96回卒業証書・学位授与式および第67回立正大学大学院学位授与式は中止といたしました。卒業生の皆さんはもちろんご家族や関係者の心中を察しますと教職員一同、断腸の思いでありますが感染防止の観点を第一に考えた結果としての決断であります。ご理解を賜りますよう何とぞよろしくお願い申し上げます。

また本学は2年後の令和4年(2022年)に開校150周年を迎えます。皆さんには新校舎建築工事のため在学中は大変ご迷惑をおかけしました。衷心よりお詫び申し上げます。本年には新校舎も完成しますが、歴史と伝統を積み重ねてきた本学がより革新的な学園として進化してまいります。卒業生の皆さんにはぜひとも新しくなった立正大学をご覧になっていただきたいと思います。

「人生から返ってくるのは、いつかあなたが投げた球」という言葉があります。いいことも悪いことも自分の投げた球や蒔いたタネが元になります。皆さんはこれから自分で選択した道を歩んで行かれます。そして皆さんには自らが考えて決断する人生が待っています。今後の実社会においてもお互いが敬い合い、お互いに思いやる心が大切であります。どんな場面にあっても日々の自分の役割を誠実に実行していただきたい、そして「立正」という「正しきものを立てる」、正しい道を歩まれることをご期待申し上げます。令和という元号の最初の卒業生として、さらには皆さんの輝かしい未来への飛躍をご祈念申し上げてメッセージをお送りいたします。ご卒業、誠におめでとうございます。

ページの先頭へ戻る