• ホーム >
  • 新着情報 >
  • アジアラグビーセブンズシリーズ2019第1戦 韓国大会女子優勝にラグビー部女子2名が貢献

アジアラグビーセブンズシリーズ2019第1戦 韓国大会女子優勝にラグビー部女子2名が貢献

2019/09/02

ユニバーシアード2019ラグビー競技に続きラグビー部女子選手が世界を舞台に大活躍!!

8月31日、9月1日に韓国・仁川市の仁川南洞アジアードラグビー場で開催された『アジアラグビーセブンスシリーズ2019 第1戦 韓国大会』において、日本女子代表が優勝を果たしました。

本学からは日本女子代表へバティバカロロライチェル海遥さん(地球環境科学部4年生)および黒木理帆さん(社会福祉学部3年生)の2名が選出され、韓国大会優勝に大きく貢献しました。

本シリーズは、第1戦:韓国大会、第2戦:中国大会(9月14日、15日)および最終戦:スリランカ大会(9月28日、29日)の各大会順位に応じたポイント合計を8カ国・地域が競い、シリーズ優勝(年間アジアチャンピオン)を決定します。

2名はシリーズ第2戦および最終戦の出場が予定されております。

世界を舞台に活躍する本学学生へ、引き続きご声援のほど宜しくお願い申し上げます。

ページの先頭へ戻る