• ホーム >
  • 新着情報 >
  • 熊谷キャンパス開設50周年記念 立正大学サッカーフェスティバル2017を開催

熊谷キャンパス開設50周年記念 立正大学サッカーフェスティバル2017を開催

2017/08/09

8月6日(日)7日(月)の2日間にわたり熊谷キャンパス開設50周年記念立正大学サッカーフェスティバル2017を開催しました。

初日の第1部、トークセッション「ブラインドサッカーの世界を知ろう」では、ゲストに北澤豪氏(一般社団法人日本障がい者サッカー連盟会長)、埼玉T.Wings(ブラインドサッカーチーム)所属の菊島 充氏(監督)、菊島 宙さん(選手)、大作 眞智子さん(選手)を招き、聞き手役を安英学氏(本学OB、本学サッカー部アドバイザー)が努めました。
多くの高校生、大学生に参加をいただき、初めて見る映像や話しに真剣な眼差しで聴講し、活発な質疑応答が行われました。

トークセッションの様子

北澤豪氏

第2部は、JBFA日本ブラインドサッカー協会の方を講師として招き、体験会プログラムを実施しました。

帝京長岡高校、真岡高校、正智深谷高校、狭山ヶ丘高校、熊谷高校のサッカー部の選手たちが参加し、初めての体験に戸惑いながらも積極的に取り組んでいました。
また、一般来場者向けの簡易体験や、埼玉T.Wingsの選手によるエキジビションマッチななど、参加者全員がブラインドサッカーの体験をとおし理解を深める一日になりました。

二日目は引き続き5校サッカー部に参加いただき1回戦総当りリーグ戦が開催されました。
連日の熊谷独特の天候の中でありましたが、疲れを感じさせない白熱した展開が繰り広げられました。見事、3勝1分で狭山ヶ丘高校が優勝し閉会となりました。

ページの先頭へ戻る