• ホーム >
  • イベント >
  • 東日本大震災被災地研修・慰霊行脚参加者募集のお知らせ

東日本大震災被災地研修・慰霊行脚参加者募集のお知らせ

2017/12/02

 2018年2月6日(火)~2月8日(木)に東日本大震災被災地研修・慰霊行脚を行います。
 立正大学では、東日本大震災発生当初より、震災地域に教職員・学生を派遣し、避難所への物資の搬送・ボランティア活動等を行うなど、大学をあげて被災地・被災者支援に取り組んできました。なかでも仏教学部は、2011年には学内における法要を、1周忌にあたる2012年からは毎年3月に、震災により亡くなられた方々の慰霊と被災地の復興と平安を祈念するための唱題行脚を行ってきました。
本年は、震災から7年目を迎えます。実際に被災地を訪問し、現地の見学や語り部の方々のお話から被災地の今を学ぶとともに、亡くなられた方への唱題行脚と追悼法要を行います。東日本大震災から7年が経過した被災地を知り、これからを考える貴重な機会です。学生の皆さんの参加を心よりお待ちしています。

                  
                       

対象者: 立正大学所属の全学部学生・大学院生

定 員: 40名

費 用: 無料(滞在中の食事・宿泊・団体行動での費用等は大学が負担)
    ※集合・解散場所である品川キャンパスまでの交通費は各自負担
      
引率教職員: 仏教学部教員2名(武田・本間)、学生生活課職員2名、ほか。

主 催: 立正大学

申込締切: 2018年1月17日(水)※定員に達し次第締め切ります。

申込方法: 申込書を、仏教学部事務室(品川キャンパス)、または熊谷学生生活課(熊谷キャンパス)まで提出してください。


<研修スケジュール>

●集合時間・場所/ 2018年 2月 6日(火) 9時  品川キャンパス
●解散時間・場所 /2018年 2月 8日(木) 19時頃 品川キャンパス
●研修中移動手段/貸切バス

●1日日【品川キャンパスから女川へ】
品川キャンパスより宮城へ (昼食含め約6時間)。途中、福島市立正院にて参拝。その後、宮城県女川町の復興を見学。宿泊地に到着後語り部による講話、活動のふり返り。
宿泊:女川町または石巻市内のホテルまたは旅館を予定。

●2日目【女川町と石巻市を慰霊行脚】
女川町で唱題行脚し妙照寺に参拝し追悼法要。その後、石巻市渡戸地区を唱題行脚し法音寺参拝。昼食後、石巻市日和山公園から唱題行脚、久円寺参拝。その後仙台市に移動し、本山孝勝寺に参拝・参籠(宿泊)、活動の振り返り。
宿泊:日蓮宗本山孝勝寺 〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡4-11-11 ℡022-256-5402

●3日目【松島から仙台市、名取市を経由し品川キャンパスへ】
朝の「おつとめ」に参列。朝食後、仙台市若林地区・名取市閖上地区を唱題行脚と追悼法要、語り部による講話。孝勝寺に戻り昼食。荷物整理のうえ出発、品川キャンパスへ。

※なお、予定は事情により変更することがあります。



問合せ先:立正大学仏教学部事務室(電話 03-3492-8528)

ページの先頭へ戻る