アルカス熊谷が7人制ラグビー大会で優勝

2015/06/30

アルカス熊谷が7人制ラグビー大会で優勝

女子7人制ラグビー大会「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2015」第3戦秋田大会が6月27日(土)・28日(日)、あきぎんスタジアムで開催されました。本学ラグビー部女子部員が中心となって結成されたクラブチームARUKAS QUEEN KUMAGAYA WOMEN'S SEVENS RUGBY FOOTBALL CLUB(※1)は、前回大会(東京)の優勝チームである東京フェニックスRCとの決勝戦を24-20で制し、前回大会の雪辱を果たしました。

また、秋田大会MVPに本学ラグビー部員の大黒田裕芽さん(社会福祉学部3年)が選ばれました。

「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2015」は、各大会(保土ヶ谷、東京、秋田、横浜)の順位によってポイントが与えられ、4大会終了後にポイント合計でシリーズ優勝が決定されます。3大会(保土ヶ谷、東京、秋田)終了時点でARUKAS QUEEN KUMAGAYA WOMEN'S SEVENS RUGBY FOOTBALL CLUB(※1)はシリーズポイント単独1位となりました。最終戦の横浜大会ではシリーズ2連覇がかかる大事な一戦となりますので、ご声援よろしくお願いいたします。

今後の大会予定

第4戦 横浜 7月25日(土)、26日(日) YC&ACグラウンド 

(※1)ARUKAS QUEEN KUMAGAYA WOMEN'S SEVENS RUGBY FOOTBALL CLUBは、本学が産学連携し支援しているNPO法人「ARUKAS KUMAGAYA(アルカス熊谷)」に所属するクラブチームです。

ページの先頭へ戻る