テルメズ大学およびテルメズ考古博物館と協定締結

2015/06/30

ウズベキスタン共和国のテルメズ大学、およびテルメズ考古博物館と協定を締結しました。

すでに協定が締結されているウズベキスタン国立科学アカデミーに加え、テルメズ大学およびテルメズ考古博物館と協定が締結されたことで、昨年より研究調査を行っている、立正大学ウズベキスタン学術調査隊(※1)の活動が一層深化します。


(※1)立正大学ウズベキスタン学術調査隊
 【事業内容】
   ①ウズベキスタン共和国スルハンダリヤ州テルメズ西郊のカラ・テパ仏教伽藍址
    西丘コンプレックスの発掘と出土遺物の整理調査、保存修復処理
   ②調査概報ならびに研究報告書の公刊
   ③研究者の相互交流促進
 【調査目的】
  インド・イラン混成文化圏を形成する当該地域の主としてグレコ・バクトリア時代から
  クシャーン時代にわたる仏教その他の宗教の流通状況、ないし歴史文化の諸相解明

テルメズ大学との協定書

テルメズ考古博物院との協定書

ページの先頭へ戻る