• ホーム >
  • 新着情報 >
  • 2/26「大学教育再生加速プログラム(AP)事業年次報告会」を開催—アクティブ・ラーニングの取組を報告—

2/26「大学教育再生加速プログラム(AP)事業年次報告会」を開催—アクティブ・ラーニングの取組を報告—

2016/01/29

 2月26日(金)に、文部科学省「大学教育再生加速プログラム(AP)」の[テーマⅠ アクティブ・ラーニング]に採択された取組について平成27年度年次報告会を開催します。

◆「大学教育再生加速プログラム(AP) 」事業年次報告会
【開催日時】
平成28年2月26日(金) 10:30~16:00
【開催会場】
熊谷キャンパス アカデミックキューブ(19号館) 101教室

〒360-0194 埼玉県熊谷市万吉1700
 [電車・バスでお越しの方]
   JR・秩父鉄道熊谷駅よりバス10分
   東武東上線森林公園駅よりバス12分
 [お車でお越しの方]
   キャンパス内の無料駐車場をご利用ください。
【プログラム】
10:30     開会・趣旨説明
10:40~11:10 挨拶 「立正大学としてのアクティブ・ラーニングの現状と今後の展開」
         山崎和海/立正大学長
         小松陽介/立正大学 地球環境科学部 教育改革推進委員会委員長
11:10~12:40 基調講演「大学におけるアクティブラーニングの方向性について考える
            —河合塾大学アクティブラーニング調査の結果を通して—」
         野吾教行氏/河合塾 教育研究部
12:40~13:40 昼食
13:40~13:55 学生研究プロジェクト 成果発表
         ①研究テーマ「水稲と麦の二毛作地域における生物多様性の特徴」
          地球環境科学部/木村真夏・後藤 啓・長谷川樹生
         ②研究テーマ「地図を用いた移動の際に人が参考にする地理情報について」
          地球環境科学部/中島健太・林 悠司・真木雄平・秋山栞里・菅野椋太・関本雄太
13:55~15:00 プロジェクト成果報告
         プロジェクトA:双方向教育    島津 弘/立正大学 地球環境科学部
         プロジェクトB:反転授業     渡来 靖/立正大学 地球環境科学部
         プロジェクトC:フィールドワーク 北沢俊幸/立正大学 地球環境科学部
         プロジェクトD:リアル教材    貝沼恵美/立正大学 地球環境科学部
15:10~15:45 iPadとロイロノートを使った双方向授業体験
         島津 弘/立正大学 地球環境科学部
15:50     閉会
【申込方法】
2月24日迄に氏名、所属機関、所属部署(役職)、連絡先(住所、E-Mail、電話番号)を明記の上、立正大学AP事務局rissho-ap@ris.ac.jp までに連絡ください

◆「大学教育再生加速プログラム」(Acceleration Program for University Education Rebuilding:AP)
「大学教育再生加速プログラム」は、国として進めるべき大学教育改革をいっそう推進するために、教育再生実行会議等で示された新たな方向性に合致した先進的な取組をする大学を支援することを目的に、平成26年度より実施。

ページの先頭へ戻る