• ホーム >
  • 新着情報 >
  • 客員教授の登山家・竹内洋岳氏『文部科学大臣顕彰 スポーツ功労者顕彰』受賞

客員教授の登山家・竹内洋岳氏『文部科学大臣顕彰 スポーツ功労者顕彰』受賞

2013/08/30

客員教授の登山家・竹内洋岳氏『文部科学大臣顕彰 スポーツ功労者顕彰』
受賞!

撮影:中島ケンロウ

本学の卒業生(仏教学部卒)であり客員教授でもある登山家・竹内洋岳氏が、『文部科学大臣顕彰 スポーツ功労者顕彰』を授与されました。(8月27日に下村文部科学大臣より授与)
日本人として初の8000m峰14座完全登頂を成し遂げたことが、文部科学大臣より「世界記録更新と同等の功績」と認められての受賞となります。

◆竹内洋岳 業績
1995年 マカルー(8463m)遠征隊に参加し8000m峰初登頂を成功
1996年 8000m峰の2座目エベレスト(8848m)、3座目K2(8611m)の登頂成功
2001年 国際公募隊に初参加し4座目のナンガパルバット(8126m)登頂成功
2004年 5座目アンナプルナ(8091m)、6座目ガッシャブルムI峰(8080m)登頂成功
2005年 7座目シシャパンマ(8027m)登頂成功
2006年 8座目カンチェンジュンガ(8586m)登頂成功、14座完登を表明しプロ登山家を宣言
2007年 9座目マナスル(8163m)登頂成功
2008年 10座目ガッシャブルムII峰(8034m)、11座目ブロードピーク(8051m)登頂成功
2009年 12座目ローツェ(8516m)登頂成功
2011年 13座目チョー・オユー(8201m)登頂成功
2012年 14座目ダウラギリ(8167m)登頂し、日本人初、世界で29人目の8000m峰14座完全登頂
     を果たす
2013年 第17回植村直己冒険賞を受賞、4月より立正大学客員教授に就任

ページの先頭へ戻る