• ホーム >
  • 新着情報 >
  • 立正大学はサッチャー元英国首相のご逝去に対し、謹んで哀悼の意を表します

立正大学はサッチャー元英国首相のご逝去に対し、謹んで哀悼の意を表します

2013/04/10

立正大学はサッチャー元英国首相のご逝去に対し、謹んで哀悼の意を表します。

サッチャー元英国首相は、1992(平成4)年10月17日、本学の開校120周年記念に特別ゲストとして来校されました。
 特設ギャラリーで開催中の「浮世絵名品展」を見学され、石橋湛山講堂では「我が教育観と大学生への期待」と題する特別講演をしてくださいました。
 サッチャー氏は“夢”と“希望”をキーワードに、幅広い視野と高い見識のもと、若い世代への期待を繰り返し述べられ、民主主義の重要性と自立した前向きな人生に対する指針を与えてくださいました。
 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

立正大学


We wish to extend our heartfelt condolences to the United Kingdom on the passing of former Prime Minister Margaret Thatcher.

Baroness Thatcher visited our Osaki Campus in Tokyo on October 17, 1992, as a special guest of a 120th anniversary event of Rissho University. She enjoyed the exhibition of our Ukiyo-E Collection, and delivered a special lecture. With noble insight, Baroness Thatcher spoke of the importance of democracy and the necessity of self-reliance and independence in our lives, using 'Dream' and 'Hope' as key words.

The memory of Baroness Thatcher and her strong principles will remain with us long after her passing.

Rissho University


ページの先頭へ戻る