• ホーム >
  • 新着情報 >
  • 探検部「もう一つの箱根駅伝」優勝。哲学科2年木村さんMVP獲得!

探検部「もう一つの箱根駅伝」優勝。哲学科2年木村さんMVP獲得!

2013/03/07

2月23日、24日に開催された、2日間で111キロのコースをゴミ拾いをしながら走る「東海道ゴミ拾い駅伝」に参加した立正大学探検部が59.1kgの最多ゴミ回収で優勝しました。また、木村桃子(文学部哲学科2年)さんが1日目のチーム内最多ゴミ回収で優勝に貢献したとしてMVPを受賞しました。
この“ゴミ拾い駅伝”は、箱根駅伝の翌週に同じコースを学生たちの有志がゴミを拾いながら走るというカタチで2006年から開始されました。立正大学探検部は7年連続で参加し、今回が悲願の初優勝となりました。
このイベントについては、3月1日にNHK総合テレビ「おはよう日本 首都圏」でも紹介されました。

※“ゴミ拾い駅伝”とは…ボランティアのチームで参加し、拾ったゴミの量と到着時間差をポイント化して順位を競うもの。参加した人と、その姿を目にした人たち、多くの人たちの環境に対する意識を変えることを理念として、現在全国へ展開中です。

ページの先頭へ戻る