• ホーム >
  • 新着情報 >
  • 環境・設備デザイン賞 環境デザイン部門 最優秀賞を受賞

環境・設備デザイン賞 環境デザイン部門 最優秀賞を受賞

2012/06/04

政策広報課

本学熊谷キャンパスが第10回「環境・設備デザイン賞」(主催:一般社団法人建築設備綜合協会)の環境デザイン部門において最優秀賞を受賞しました。熊谷キャンパス再整備では、「2011年度グッドデザイン賞」(Gマーク)に続く受賞となっております。
「ひとと自然と建築が融合した資産としての風景」を実現したことが評価をされこのたびの受賞となりました。また、熊谷キャンパスは再整備にあたり、大学として初のSEGES(社会・環境貢献緑地評価システム)認定サイトにもなっております。自然エネルギーの利用促進などによって新校舎の運用開始から1年間の一次エネルギー消費量は、大学の平均値より42%削減されています。
また、「作品選集2012」(日本建築学会)にも多数の応募の中より審査を経て掲載されました。
本学では人にも環境にもやさしいキャンパスの実現を今後も目指してまいります。

熊谷キャンパス

設備デザイン賞 環境デザイン部門 最優秀賞

ページの先頭へ戻る