• ホーム >
  • 教員養成・社会教育職員養成の理念

教員養成・社会教育職員養成の理念

立正大学における教員および社会教育職員養成の基本理念は、第16代学長石橋湛山が立正精神を具体化した建学の精神、すなわち「真実を求め至誠を捧げよう」、「正義を尊び邪悪を除こう」、「和平を願い人類に尽そう」に求められる。
2005 年から立正大学の教育目的として掲げている『「モラリスト×エキスパート」を育む。』は、このような建学の精神をさらに具体化したものである。すなわち、本学は、確かなモラルに裏づけられた専門性を備えた人材の育成を目指す大学であることをうたっているのである。
本学における教員および社会教育職員の養成は、この目的の実現に向け、全学的な理解と協力の下に、教育職員免許法及び同法施行規則に基づき、次の3点を基本方針にしてカリキュラム編成を行っている。

  1. 子どもの人権にかかわる深い理解を育む。
  2. 現代の教育的諸課題に主体的に取り組むことのできる豊かな力量を育む。
  3. 教職員はもとより、保護者や地域住民との確かな連携を通じて教育実践を展開することができる確かな力量を育む。

上記基本方針に基づいたカリキュラム編成の具体的特質は、次の通りである。

  1. 教育が人権思想に裏づけられていることをその本質としていることが理解できるよう配慮する。
  2. 「教職特講」や「教職演習」などを開設して、教職教養に係る科目の学習に主体的に取り組み、実践的能力を育むことができるよう配慮する。
  3. 現代社会に求められる生涯発達、生涯学習の課題に取り組むことができるよう配慮する。

立正大学における教員および社会教育職員養成の長きにわたる伝統は、こうした理念と基本方針に基づき、充実したカリキュラムの下で、教育的課題に積極的に取り組むことのできる優れた教員および社会教育職員を養成することによって育まれている。

ページの先頭へ戻る