強化クラブ紹介

挨拶

強化クラブ担当副学長 大竹 智
強化クラブ担当副学長
大竹 智

立正大学は、鎌倉時代に活躍した日蓮聖人の立正安国の精神を建学の精神にいただく大学で、学問的真理探究を通じて世界に貢献し得る人材の輩出を目指しています。本学では、その精神を、「『モラリスト×エキスパート』を育む。」という教育ビジョンに落とし込み、教育研究・課外活動を通じて、学生の人間的成長を促し、グローバル化社会で活躍できる人材の育成を目指しています。
その中で、特に3つの強化クラブ(野球部、サッカー部、ラグビー部)を指定し、勝敗にこだわるだけではなく、クラブ活動を通じた人間教育の機会としています。また、強化クラブの指定は4年ごとに活動計画・目標を確認し、現在(2019年度)は4年目となります。2018年度においては、野球部が東都大学野球1部リーグで優勝し、明治神宮野球大会において9年ぶり2度目の日本一となりました。サッカー部においては、関東大学リーグ2部で2位となり、1部昇格を果たしました。ラグビー部においては、男子が関東大学ラグビーリーグ戦2部5位、女子では日本代表として複数名が選出されました。