センターの役割

センターは、学内外をつなぐコンシェルジュです

大学の地財で、サスティナブルな地球社会の創出を。

立正大学研究推進・地域連携センターは、包括的な研究支援を行うべく、科学研究費助成事業を始めとする競争的資金の獲得及び受託研究事業の受入、各研究・連携事業が円滑に進むよう外部と研究者の間に立つコンシェルジュとして、受入から終了までの各事務サポートを行います。

また、教育と研究を中心とした伝統的な活動にとどまらず、地域社会への開放的・知的な貢献に応えることが大学の使命と考えることから、本学の知の資産である研究者を中心とした地域連携を積極的に推進いたします。

大学の宝である知的財産を培うための研究推進と、積極的にそれを開示し社会還元する地域貢献。この両側面をうまく機能させ、より開かれた大学づくりを目的とし、さらなる研究支援、地域貢献に取り組んでまいります。