平成24年度研究推進・地域連携センター支援費

研究推進・地域連携センターでは立正大学において日々行われている研究のさらなる推進・奨励を目的とし、その活動への支援として研究費の助成を行っております。採択課題は、センター運営委員会によって審査され、学長により決定されています。
本ページでは平成24年度における採択状況をご紹介します。

平成24年度

第1種 学部間連携の共同研究

研究補助を受ける研究者が所属学部以外の学部の研究者と連携して行う共同研究

学部採択者氏名研究課題名連携学部報告書
文学部金井 淑子ケアロジーを創る仏教学部 報告書 (PDFファイル) 
社会福祉学部濵畑 芳和罪を犯した福祉的支援を必要とする者の地域定着に関する研究法学部 報告書 (PDFファイル) 

第2種 地域連携のための共同研究

自治体、団体、企業またはその職員と連携して行う共同研究

学部採択者氏名研究課題名連携地域報告書
経済学部櫻井 一宏市場財としての天然水産資源に関する総合的フロー分析東京都 報告書 (PDFファイル) 
社会福祉学部柴田 房雄熊谷市教育委員会との連携による小学校教職課程の研究熊谷市 報告書 (PDFファイル) 

第3種 科学研究費申請者による予備的研究

科研費の採択を目指し、予備調査を必要とする研究

学部採択者氏名研究課題名
文学部堀田 恭子食品公害問題と救済制度に関する環境社会学的研究
法学部岩切 大地イギリス議会主権原則の現代的主義
社会福祉学部濱畑 芳和福祉サービス契約困難者の基礎研究
地球環境科学部佐竹 研一炭化樹木による水銀蓄積を利用した大気水銀モニタリングに関する研究
心理学部上瀬 由美子刑務所処遇の社会的開放性が出所者の社会的再統合に果たす役割
心理学部櫻井 広幸バーチャルリアリティ空間とICTシステムのユーザビリティと評価の研究

*「立正大学研究推進・地域連携センター研究支援費」(センター支援費)の公表と著作権について
 立正大学では、センター支援費の研究成果報告書の全文を公開していますが、研究成果報告書の著作権は著者が有しています。第1種、第2種を採択された研究者は、「研究推進・地域連携センター研究支援費に関する要領」第8条に基づき、研究期間終了後に、研究成果報告書を提出し、ホームページ等で公開することを承諾しています。