平成27年度研究推進・地域連携センター支援費

研究推進・地域連携センターでは立正大学において日々行われている研究のさらなる推進・奨励を目的とし、その活動への支援として研究費の助成を行っております。採択課題は、センター運営委員会によって審査され、学長により決定されています。
本ページでは平成27年度における採択状況をご紹介します。

平成27年度

第1種 学部間連携の共同研究

研究補助を受ける研究者が所属学部以外の学部の研究者と連携して行う共同研究

学部採択者氏名研究課題名連携学部
仏教学部安田 治樹ウズベキスタン-スルハンダリヤ周辺地域における前2~7世紀の宗教・都市遺跡に関する歴史考古学的調査文学部 報告書 (PDFファイル) 
仏教学部庄司 史生河口 慧海による『法華経』翻訳の再評価文学部 報告書 (PDFファイル) 
文学部竹内 聖一「人間の脆さの自覚」に着目した領域横断的なケアロジーの構築仏教学部 報告書 (PDFファイル) 
経営学部山本 仁志報酬・懲罰制度を統合したメタ・サンクションゲームによる社会的ジレンマの解決経済学部 報告書 (PDFファイル) 
社会福祉学部新藤 こずえ複合的な不利や困難を抱えた人々のライフコースの理解と総合的な支援システムに関する研究-若年ダブル・マイノリティの生活課題に焦点をあてて-法学部 報告書 (PDFファイル) 

第2種 地域連携のための共同研究

自治体、団体、企業またはその職員と連携して行う共同研究

学部採択者氏名研究課題名連携地域報告書
地球環境科学部後藤 真太郎オープンデータを活用した地域コミュニティーの醸成-品川・熊谷・杉戸における地域資源のマッピングと場所への愛着との関係性評価-Code for Oedo(品川)、熊谷市役所、NPOすぎとSOHO 報告書 (PDFファイル) 
地球環境科学部山田 淳一路線バス事業者及び国営武蔵丘陵森林公園との連携によるバスマップの作成と評価国際十王交通株式会社、川越観光自動車株式会社、国土交通省関東地方整備局 報告書 (PDFファイル) 

第3種 科学研究費申請者による予備的研究

科研費の採択を目指し、予備調査を必要とする研究

学部採択者氏名研究課題名
仏教学部丹治 恭子乳幼児施設の機能変化に関する調査研究:子育ての意味変容の検討
文学部瀧口 美佳Graded Readers に見られるコミュニカティブな表現に関する研究
文学部時國 滋夫日本語との差異に着目した、発信の為の英語習得プログラムの開発
経済学部櫻井 一宏閉鎖性水域の物質循環を考慮した流域圏環境経済モデルの構築と適用
法学部岩切 大地「憲法問題の法理」研究序説
法学部長島 弘法統計学カリキュラムの確立
社会福祉学部野澤 義隆育児期夫婦の関係性の変化による育児ストレス軽減効果に関する研究
地球環境科学部大石 雅之火山灰粒子の形態的特徴のモニタリングによる火山噴火推移予測手法の研究
地球環境科学部横山 貴史チリ共和国における地域拠点型漁業資源管理の成立条件:生計アプローチによる分析
心理学部田中 輝美未来時間展望の操作が精神病理傾向者の注意バイアスとキャリア設計に及ぼす影響

第4種 研究助成金による研究

外部資金の内定を得たが、その外部資金が不十分な場合に支援する補助金。
*外部資金とは、学術研究振興資金(日本私立学校振興・共済事業団)、文部科学省直接補助などを指す。科研費は除く。

学部採択者氏名研究課題名外部資金
経済学部櫻井 一宏国際天然水産資源の総合的フロー分析-ウナギ資源の市場分析と持続的利用-日本私立大学振興・共済事業団(平成27年度学術研究振興資金)

第5種 学生を活用した教育研究

学生を活用した、地域連携・地域貢献に資する実践的教育研究事業であること(地域については、本学が立地する都道府県又は市町村区を含むことが望ましい)。

学部採択者氏名研究課題名金額
経営学部藤井 博義グローバル・インターンシップを通じたグローバル人材の育成~文系産学連携による教育~455,000
経営学部吉田 健太郎コミュニティカフェを活用した地域活性化プロジェクト445,000
地球環境科学部岩崎 望学生の主体的活動による小笠原における宝石サンゴの展示・普及活動の展開445,000
地球環境科学部鈴木 重雄道の駅を拠点とした潜在的地域資源発掘による地域づくり支援445,000
地球環境科学部下岡 順直関東平野北西部の自然環境を使ったフィールドワーク実習による環境リテラシーの醸成開445,000