地球環境科学部学生が作成した「妻沼観光案内図」「めぬま自然発見」が熊谷市に贈呈されました

2016/03/30

地球環境科学部学生が作成した「妻沼観光案内図」「めぬま自然発見」が熊谷市に贈呈されました

3月25日、地球環境科学部片柳ゼミ、および鈴木重雄特任講師をはじめとする妻沼の自然勉強会と道の駅「めぬま」との連携企画による成果報告と、この連携企画により作成した観光マップ「妻沼観光案内図」「めぬま自然発見」の贈呈式が熊谷市役所で行われました。
このパンフレットは地域連携活動の一環として、めぬま商人(あきんど)会、くまがや市商工会妻沼支所協力のもと、学生による現地調査や地元の方へのインタビューを通じて完成させたものです。
贈呈式でははじめに富岡清熊谷市長より寄贈への感謝の言葉とパンフレットの感想、また今後の地域連携事業の展開に対する期待についてご挨拶をいただきました。

熊谷市長によるご挨拶のあと、片柳勉教授による本プロジェクトの概要、および本日までの活動についての説明を行いました。
地域で学ぶことの重要性をもとに、2012年度から「観光まちづくりへの貢献」をテーマとして妻沼地区での地域連携を進めていること、その取組により今年度の道の駅めぬまとの連携につながった事について紹介されました。
また、学生を代表し、柏木佑太君によるパンフレットの説明がありました。この中で、道の駅から妻沼聖天への流動を図れるよう内容を工夫したことや、フィールドワークにより妻沼の自然や魅力について見つけることができたと熱意をもってパンフレット作成に取り組んだことを伝えてくれました。
最後に、パンフレットの贈呈、ならびに富岡市長により感謝状をいただき、贈呈式は閉式となりました。

「妻沼観光案内図」「めぬま自然発見」はA3判カラー(三つ折り)でそれぞれ5千部を発行し、うち各3千部を熊谷市に贈呈しました。パンフレットは道の駅「めぬま」をはじめ、熊谷市役所、立正大学熊谷キャンパスの研究推進・地域連携課で入手できます。
ご郵送は承っておりませんが、下記リンクよりPDF版をご覧いただけます。
妻沼へご観光の際は、是非「妻沼観光案内図」「めぬま自然発見」をご活用ください。