平成27年度立正大学ウズベキスタン学術調査隊報告会を開催しました

2016/02/26

 平成27年度立正大学ウズベキスタン学術調査隊報告会を、平成28年2月26日午後1時より立正大学品川キャンパスにて開催しました。

報告者 立正大学ウズベキスタン学術調査隊

開会挨拶 安田 治樹
報告①  池上  悟「2015年度の調査について」
報告②  則武 海源「ウズベキスタンの歴史的背景と仏教の関わり」
報告③  手島 一真「仏教東伝の一道程-ウズベキスタン-フェルガナ地域のクワ遺跡を中心に-」
報告④  岩本 篤志「カラ・テペ新出文字資料と周辺遺跡の紹介」