【ネパール交流プロジェクト】ネパールの小学校への世界地図寄贈

2017/12/25

【ネパール交流プロジェクト】ネパールの小学校4校へ世界地図を寄贈しました!

 10月29日(日)と30日(月)、本学の「ネパール交流プロジェクト」の一環として推進している『世界地図寄贈プロジェクト』の活動として、ネパールの小学校に一般財団法人日本地図センターと共に制作した世界地図を寄贈しました。29日はネパールの中部開発区域のジャナクプル県にあるシンズリ郡の2校、30日は同県にあるマホタリ郡の小学校2校に配布しました。
※首都カトマンズがあるバグマティ県の東に位置します。

 今回訪問し地図を配布した各学校の校長や学校運営委員会のメンバーは、立派な地図をいただいたと喜んでおりました。またマホタリ郡ガウリバスの学校は、寄贈約2ヶ月前に職員室が漏電で火事になり、コンピュータや教材が焼失したとのことで、地図の寄贈は適時だと感謝の意を表されました。さらに同郡マイスタンの学校では校庭に生徒全員が集まって式典が始まり、地図寄贈後に生徒たちから日本に関する様々な質問が飛び交うなど、約1時間半程度の授業のようになりました。
 今後は、2017年度内に約20本ある残りの世界地図をネパールの小学校へ配布できるよう準備を進めて参ります。この寄贈においては地図制作の担当教員である地球環境科学部地理学科の島津弘教授と2名の女子学生が同行する予定です。