国際交流事業

国際交流事業

研究推進・地域連携課では、日本学術振興会(JSPS)の国際交流事業も担当いたします。
事業の詳細や募集要項につきましては、日本学術振興会のホームページでご確認下さい。
申請の際には、事前に研究推進・地域連携課にご相談ください。

事業の一部

1 海外からの研究者の受入(外国人特別研究員)

(1)外国人特別研究員(一般)

諸外国の博士号取得直後の若手研究者に対し、我が国の大学等において日本側受入研究者の指導のもとに共同して研究に従事する機会を提供するもの。個々の外国人特別研究員の研究の進展を援助すると共に、我が国及び諸外国における学術の進展に資することを目的とする。

(2)外国人特別研究員(欧米・短期)

外国人特別研究員事業の一環として、欧米諸国の博士号取得前後の若手研究者に対し15日以上11ヶ月以内の期間で、我が国の大学等において日本側受入研究者のもとに共同して研究に従事する機会を提供する事業である。(該当国:アメリカ合衆国、カナダ及びフランス、ドイツ、スウェーデン、英国、イタリア、フィンランド、その他EU加盟国(H18.4.1現在)ならびにスイス、ノルウェーとする。

2 海外からの研究者の受入(外国人招へい研究者) 

(1)外国人招へい研究者(短期)

優れた研究業績を有する外国人研究者を短期間招へいし、我が国の研究者との討議、意見交換・講演等を通じて関係分野の研究の発展に寄与する事を目的とした制度。

(2)外国人招へい研究者(長期)

我が国の研究者が外国人研究者を長期間招へいし、協力して研究を行うことを目的とする。

3 二国間交流事業 共同研究・研究セミナー

海外の学術振興機関(対応機関)と、学術の国際協力に関する合意に基づく二国間交流事業。個々の研究者交流を発展させた二国間の研究チームの持続的ネットワーク形成を目指し、我が国の大学等の優れた研究者が相手国の研究者と協力して行う共同研究・セミナーの実施に要する経費を支援する事業。

4 若手研究者交流支援事業

我が国の大学等学術研究機関による組織的な招へい計画により、アジアを中心とした国々の若手研究者が日本で研究に従事する機会を提供する。