学校法人立正大学学園

Rissho school

大気中浮遊塵中の放射性セシウムの測定方法(熊谷キャンパス)

大気中浮遊塵中の放射性セシウムの測定方法

土壌中の放射性セシウムの測定方法

7月1日以前は、3号館と陸上競技場の間で試料を採取しました。
この期間は、深さ方向の放射能の分布を見るために、深さ別にも試料採取を行いました。1地点につき3試料(深さ0~1 cm、1~5 cm、5~10 cm)を採取しました。
0~5 cmの試料は、0~1 cmと1~5 cmの試料を1:4の比率で混ぜ合わせて作りました。

7月1日以降は、3号館廃液庫裏で試料を採取しています。
この時期から、文科省により実施された福島第一原発から約100 km圏内での土壌試料採取法と同じ方法で行いました。

※採取方法
ネジ口式容器(U-8)を地面に埋め込み、容器内に入った試料(深さ0~5 cm)を一度ビニール袋に入れてよく混ぜます。混ぜた試料を、きれいにした容器に戻してγ線測定を行います。

※採取場所
できるだけ周囲に樹木や斜面がなく開けた場所を選定します。

協力:宇宙地球化学研究室
   (測定代表者:教授 福岡孝昭  測定担当者:研究生 楠野葉瑠香)

ページの先頭へ戻る