学校法人立正大学学園

Rissho school

土壌中および大気中浮遊塵中の放射性セシウムの測定結果(熊谷キャンパス)

土壌中および大気中浮遊塵中の放射性セシウムの測定結果(熊谷キャンパス)

2011.11.16

立正大学熊谷キャンパスにおいて、大気中浮遊塵中の放射性セシウム(2011年4月中旬~)および土壌中の放射性セシウム(2011年5月中旬~)の測定を行なっています。
土壌中の放射性セシウムについては、文部科学省が作成した放射線量等分布マップと比較し、熊谷キャンパスでの測定値は非常に低い値でした。
また、大気中浮遊塵中の放射性セシウムについては、スタンダード(濃度がわかっている試料)の測定ができなかったため、ベクレルへの換算はできませんが、4月19日の降雨以降大幅に低下していることがわかります。
今後は月に1回程度の測定を予定しております。

土壌中の放射性セシウム(ベクレル)

大気中浮遊塵中の放射性セシウム(計数値)

協力:宇宙地球化学研究室
   (測定代表者:教授 福岡孝昭  測定担当者:研究生 楠野葉瑠香)

ページの先頭へ戻る