連携事業(地域との連携)

地域との連携

今日の大学に対する社会的要請は教育・研究活動にとどまらず、大学の持っている知的財産を広く地域社会へ還元することにもあります。
本学ではこうした社会的要請にこたえるため、キャンパスが設置されている地域を中心として積極的な連携の取り組みを行っています。

品川区との連携大崎キャンパス5学部による「品川学」の学際的取り組みの準備段階として、品川区との連携を図りながら内容を構築中です。 また、経営学部の一部ゼミナールでは地域の活性化や発展に貢献することを目的に商店街等と連携を深める各種活動を展開しています。
埼玉県との連携熊谷キャンパス3学部、オープンリサーチセンターを中心として、県、各種研究機関、NPO法人などと各種事業を共同で実施しています。
熊谷市との連携「協働による街づくり」を推進することを目的とした包括的な連携のもと、産業、教育、健康・福祉、環境などの分野において相互に協力し、地域社会の発展と人材育成に寄与することを目的とした「熊谷市産学官連携に関する基本協定書」を平成19年6月1日に締結しました。

平成19年度には、市内の有力企業との共同研究、市民と大学・学生が街で出会う「街なかフォーラム」の開催、地理情報システム(GIS)を利用した「熊谷うちわ祭」の山車・屋台の位置の検索システムの開発、キャンパスを飛び出し市街地を会場とした大学祭と商店街の秋祭りとの合同開催など多様な協力が行われています。

いまでは早朝ランニングやウォーキングをたのしむ方が、年齢を問わずたくさんいらっしゃいます。景色を眺めながら、仲間とおしゃべりをしながら走っていると、走ること自体がたのしく感じられます。走ること、それは自分自身を知ること(自己観察)や人々との対話(他者観察)をしながら、社会や自然や街の風景といった環境を見極めることであり、同時に脳の成長をも促しています。
山西先生は、一生懸命に走るのでなく、哲学しながらたのしみながら走ること、つまりスロージョギングをおすすめしています。
当日は席を立って腕を回したり、足の蹴りだし方を考えたりと体を動かした実践的な時間もありました。普段の生活にすぐに活かせそうだとの感想もいただけました。


平成19年度には、市内の有力企業との共同研究、市民と大学・学生が街で出会う「街なかフォーラム」の開催、地理情報システム(GIS)を利用した「熊谷うちわ祭」の山車・屋台の位置の検索システムの開発、キャンパスを飛び出し市街地を会場とした大学祭と商店街の秋祭りとの合同開催など多様な協力が行われています。

デリバリーカレッジ

大学の知的財産を地域の皆様に活用していただくために、教員・名誉教授を自治体へ無料で派遣する事業です。年間40~50回にのぼる多様なテーマの講義を各地で行うことで、USR(University Social Responsibility 大学の社会的責任)活動を推進し、地域社会の未来づくりに積極的に寄与します。

彩の国大学コンソーシアム—埼玉県内 19大学との連携

彩の国大学コンソーシアムは、埼玉県内にある19の大学が、連携して協力体制を築き、教育研究の高度化・進展化を図るとともに、生涯学習や産官学の地域交流を推進し、地域の教育・文化の発展を図ることを目的として設置したものです。

2011年度の活動内容

2011年度の講座は修了しました。
多数のご参加ありがとうございました。
2012年度のスケジュールは、予定が決定しましたらご案内いたします。

さいたま遊学2011~知的、快適生活のススメ~

日時平成23年9月2日(金)~26日(月)全7回
場所川越西文化会館(メルト)2階 第1・2会議室
費用無料

公開講座

日時平成23年9月5日(月)13:20~14:40
テーマ走者はソクラテスなり
講師社会福祉学部 教授 山西 哲郎
概要概要ひとはなぜ走っているのだろう。健康のためだけですか?走っているときは、まず自分の筋肉や呼吸のことなど自分の体について考えていると思います。また、今日の出来事やこれからの予定について考えているかもしれません。まさに自分への問いかけをしながら走っているのではないでしょうか。
いまでは早朝ランニングやウォーキングをたのしむ方が、年齢を問わずたくさんいらっしゃいます。景色を眺めながら、仲間とおしゃべりをしながら走っていると、走ること自体がたのしく感じられます。走ること、それは自分自身を知ること(自己観察)や人々との対話(他者観察)をしながら、社会や自然や街の風景といった環境を見極めることであり、同時に脳の成長をも促しています。
山西先生は、一生懸命に走るのでなく、哲学しながらたのしみながら走ること、つまりスロージョギングをおすすめしています。
当日は席を立って腕を回したり、足の蹴りだし方を考えたりと体を動かした実践的な時間もありました。普段の生活にすぐに活かせそうだとの感想もいただけました。

いまでは早朝ランニングやウォーキングをたのしむ方が、年齢を問わずたくさんいらっしゃいます。景色を眺めながら、仲間とおしゃべりをしながら走っていると、走ること自体がたのしく感じられます。走ること、それは自分自身を知ること(自己観察)や人々との対話(他者観察)をしながら、社会や自然や街の風景といった環境を見極めることであり、同時に脳の成長をも促しています。
山西先生は、一生懸命に走るのでなく、哲学しながらたのしみながら走ること、つまりスロージョギングをおすすめしています。
当日は席を立って腕を回したり、足の蹴りだし方を考えたりと体を動かした実践的な時間もありました。普段の生活にすぐに活かせそうだとの感想もいただけました。
ページの先頭へ戻る